海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

マレーシア アリア レジデンス( Aria Luxury Residence )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2019年完成予定)
国/エリア マレーシア / KLCC公園周辺
開発会社 Hap Seng Land
所在地 Jalan Tun Razak, Kuala Lumpur
基本情報 総戸数598戸 (45階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 2Bed 5,271万円 (1,930,888RM) 108㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 病院近い、ゴルフ場近い、プール、ジム、セキュリティゲート、先行販売、永久所有権 ジャグジー ヨガスペース ファンクションルーム ランドリー 子供用プレイエリア スカイラウンジ BBQエリア ナースリー ガーデン ミニライブラリー ゲームルーム 展望デッキ TVラウンジ ミュージックルーム パーティールーム コンシェルジュ ビジネスセンター
コメント

「Aria Luxury Residence(アリア レジデンス)」は、東京・皇居周辺に相当するクアラルンプールの中心地「KLCC公園」周辺の開発余地が限られた希少な都心中枢の一等地に、2019年誕生予定、2棟構成、45階建て、全598戸の高級コンドミニアム(高級マンション)です。

本物件の開発を担当するのは、不動産開発・投資、金融、プランテーションなど、多角的な事業を手掛ける国内有数のコングロマリット「ハップセン コンソリデーテッド」の中核子会社である「ハップセン ランド」。同社は、2009年に世界不動産連盟(FIABCI)による「FIABCI Malaysia Property Award」でオフィス開発部門賞を受賞するなど、国際的な賞も多数受賞している有力デベロッパーで、直近ではクアラルンプール中心部で大変高い人気を集めた高級コンドミニアム「ホライゾン レジデンス」の開発を成功させたことでも知られています。

クアラルンプールを象徴する超高層ビル「ペトロナス ツインタワー」を直線1km圏内に収める本物件は、華やかなツインタワービューのユニットに加え、王族・VIP御用達の超名門コース「ロイヤル セランゴール ゴルフクラブ」の雄大なフェアウェイビューのユニットもあるなど、都心一等地ならではの贅沢な眺望を堪能することができます。また、プール、ジム、子供用プレイエリア、ジャグジー、ヨガスペース、スカイラウンジ、BBQエリア、ミニライブラリー、ゲームルーム、ミュージックルーム、パーティールーム、TVラウンジなど、日常をより豊かにする多彩な共有施設も備えられています。

本物件からは、首都圏人気No.1ショッピングモール「パビリオン」を筆頭に、数多くの人気商業施設が立ち並び、クアラルンプールの銀座とも称される繁華街「ブキビンタン」まで車で約5分と至近。また、ブキビンタンの主要な商業施設等との間を結ぶシャトルバスも運行を予定しているなど、「アリア レジデンス」に居を構えれば、グルメやショッピングを気軽に満喫することができます。
さらに、最先端の医療設備を備え、日本人スタッフも在籍する大型総合病院「プリンスコート メディカルセンター」まで徒歩10分程度であるほか、日本大使館が眼前にあるように、近隣には各国の大使館も多くあるなど、本物件の周辺には外国人でも生活しやすい恵まれた住環境が広がっています。

また、本物件から直線1km圏内には、世界各国の金融機関が入居し、50万人の雇用機会創出が見込まれる国際金融特区「トゥン ラザク エクスチェンジ(TRX)」が誕生を予定しており、周辺一帯では外国人駐在員を中心に住宅需要の拡大が期待。加えて、2022年の開通を目指しているMRT(大量高速輸送)2号線「KLCCイースト駅」の誕生予定地までも徒歩約6分と、「アリア レジデンス」は周辺開発の進展によって資産価値の向上も見込めるため、投資用物件としても高いポテンシャルを秘めています。

ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問合せください。


  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • (写真06)
  • (写真07)
  • (写真08)
  • (写真09)
  • (写真10)
  • (写真11)
  • (写真12)