海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

マレーシア サザン マリーナ レジデンス( Southern Marina Residences )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2018年完成予定)
国/エリア マレーシア / ジョホール地区
開発会社 Southern Marina Development Sdn Bhd
所在地 Lebuh Bahtera, Kota Iskandar, Iskandar Puteri
基本情報 総戸数456戸 (34階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 1Bed 2,743万円 (1,015,800RM) 78㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、病院近い、プール、ジム、駐車場(無料)、テニスコート、セキュリティゲート、先行販売、永久所有権 ジャグジー スチームルーム 子供用プレイグラウンド BBQエリア 多目的ホール バスケットボールコート(半面)
コメント

「Southern Marina Residences(サザン マリーナ レジデンス)」は、ジョホール州南部イスカンダル・マレーシアの中でも格段の人気を誇るイスカンダル・プテリ(旧ヌサジャヤ)のウォーターフロント開発エリア「プテリハーバー」において、プライベートマリーナを眼前に収める希少性の高いロケーションに2018年誕生予定、2棟構成、地上34階建て、全456戸の高級コンドミニアム(高級マンション)です。

本物件の開発は、香港不動産大手「ケリー・プロパティーズ」や、世界的な著名高級ホテル「シャングリラ」等を傘下に持つ、10年連続でマレーシア長者番付1位のロバート・クオック氏が率いる「クオック グループ」や、マレーシア政府系ファンド「カザナ ナショナル」らによるジョイントベンチャーが担当。
「サザン マリーナ レジデンス」は周辺物件と比べて販売単価に大変割安感があるものの、全ユニットがオーシャンビュー、もしくはマリーナビューという贅沢な物件となっており、各ユニットにはキッチンキャビネットや冷蔵庫、オーブン、エアコンなども備え付けられます。また、快適な生活をサポートする共有施設も充実しており、プール、ジム、ジャグジー、子供用プレイグラウンド、BBQエリア、テニスコート、バスケットボールコート(半面)、多目的ホールなどが備えられるほか、物件下層部にはショップやレストラン、カフェなどの入居が見込まれるリテールスペースも設置予定となっています。

「サザン マリーナ レジデンス」はシンガポールへの第二の玄関口「セカンドリンク」まで車で約15分と近距離にあるほか、斜向かいにはシンガポール南部のハーバーフロントへのアクセスが可能な「プテリハーバー国際フェリーターミナル」も誕生しているなど、隣国シンガポールへのアクセス性は抜群。 また、国際金融センターを目指して開発が進み、世界各国の企業の進出や海外駐在員等の増加が見込まれる経済特区「メディニ地区」と近接する本物件は、アジア初進出の人気テーマパーク「レゴランド・マレーシア」、英国本校の卒業生としてキャサリン妃も名を連ねる名門寄宿学校「マルボロ・カレッジ・マレーシア」を筆頭に、世界各国の教育機関が集う教育ハブ「エデュシティ」、世界水準の医療設備を備える大型総合病院「グレンイーグルス・メディニ・ホスピタル」など、イスカンダル計画の中核となる様々な施設を車で10分圏内に収める上に、眼前にはコンベンションセンターや5つ星ホテルも誕生予定となっています。

さらに、プテリハーバーが位置するイスカンダル・プテリ地区は、2026年頃の開通を目指しているクアラルンプールとシンガポールの間を結ぶ高速鉄道(HSR)の有力な駅建設候補地となっているなど、「サザン マリーナ レジデンス」の周辺では今後も続々と注目施設が誕生予定であり、エリアの発展と共に資産価値の上昇も期待しやすく、ご自身の居住用としてだけではなく、投資用物件としても大いに期待できることでしょう。

本物件の購入にあたっては、売買契約書の作成や住宅ローンの申請にかかる弁護士費用、管理費(2年間)などが無料となります。
ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問い合わせください。



■建設進捗状況(2017年5月現在)
サザンマリーナ 建設進捗状況

  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • (写真06)
  • (写真07)
  • (写真08)
  • (写真09)
  • (写真10)
  • (写真11)
  • (写真12)