海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

フィリピン パーク アベニュー( Park Avenue )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2021年完成予定)
国/エリア フィリピン / グローバルシティ地区
開発会社 Federal Land
所在地 7th Ave. corner 36th St., The Big Apple, North Bonifacio, Global City, Taguig City
基本情報 総戸数427戸 (35階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 1Bed 1,738万円 (7,900,000PHP) 38㎡ お気に入りに追加
タイプB 2Bed 3,071万円 (13,960,000PHP) 68㎡ お気に入りに追加
タイプC 3Bed 4,327万円 (19,670,000PHP) 86㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、病院近い、ゴルフ場近い、プール、プレイグラウンド、先行販売、ミニシアター、エンターテインメントスタジオ、多目的ルーム、フィットネススタジオ
コメント

「Park Avenue(パーク アベニュー)」は、洗練された美しい街並みが広がる近未来都市「ボニファシオ・グローバルシティ」で、フィリピン大手デベロッパーが推進する大規模タウンシップ開発「Grand Central Park」(旧名Veritown Fort)の一角に、2021年誕生予定、35階建て、全427戸の高級コンドミニアム(高級マンション)です。

本物件の開発は、フィリピン大手銀行「メトロバンク」を中核とする大手コングロマリット企業「GT Capital Holdings」を親会社に持つ、国内を代表するデベロッパー「Federal Land」が担当します。
その名の通り、ニューヨークのメインストリートにも溶け込むような、モダンで洗練されたファサードを備える「パーク アベニュー」は、プール、ジム、子供用プレイエリア、フィットネススタジオ、エンターテインメントスタジオ、ミニシアター、多目的ルームなど、日々の生活を豊かにする共用施設も充実。また、物件下層部にはスーパーやレストランから高級ブランドショップまで様々なテナントの入居が見込まれる大型ショッピングモール「ビッグアップル モール」が誕生予定となっており、居住者に高い生活利便性をもたらすことが期待されています。

本物件から直線600m圏内には、東南アジア最高水準の設備・医師を揃える大型総合病院「セント・ルークス・メディカルセンター」、日本人学校やインター校が建ち並ぶ学術エリアがあるほか、子ども向け職業体験型テーマパーク「キッザニア」も開業。また、お洒落なカフェ、レストラン、ショップが軒を連ねる緑豊かな遊歩道「ハイストリート」までも直線900m程度の至近にあるなど、「パーク アベニュー」の周辺には外国人でも安心して生活できる恵まれた住環境が広がっています。

Federal Land社が創り上げるグローバルシティの新生活街区「Grand Central Park」には、5つ星高級ホテル「グランド ハイアット ホテル」が入居する「メトロバンクセンタービル(66階建て/ 約250m)」を筆頭に、高級レジデンス、高級オフィス、商業施設などが誕生予定
「Grand Central Park」の向かいの区画では、フィリピン大手デベロッパー「Megaworld」によるタウンシップ開発プロジェクト「Uptown Bonifacio」も進行しているなど、両開発の相乗効果によって、周辺一帯の生活利便性やブランド価値は飛躍的な向上が見込まれており、将来的な資産価値の上昇も期待されています。

更に、グローバルシティでは現在、マニラ首都圏の空の玄関口「ニノイ・アキノ国際空港」へと繋がるバス高速輸送(BRT)システムの整備計画が進んでいるほか、マカティCBDを経由し、大型カジノリゾート地区「エンターテインメント・シティ・マニラ」があるマニラ湾沿いへと繋がる地下鉄の計画も浮上しています。

マニラ首都圏の二大ビジネス街「マカティCBD」「オルティガス」と並ぶ、新たなビジネス中心地として急成長を遂げる「ボニファシオ・グローバルシティ」には、HSBC、JPモルガンといった国際的な金融機関がフィリピン本社を構えているほか、フィリピン証券取引所も移転予定。 フィリピンが世界No.1のシェアを握るBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)産業を中心にオフィス需要も増加傾向にある上、国内外の大手企業がマカティCBDなどから拠点を移す動きもあるなど、高所得者層や駐在員がグローバルシティに流入していくことが見込まれる中、「パーク アベニュー」は拡大する賃貸需要の受け皿としても期待できることでしょう。

ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問い合わせください。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • 6
  • 7
  • 8
  • (写真06)
  • (写真07)
  • (写真08)