海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(フィリピン)

2020.07.20
フィリピンが長期ビザ保有者の入国を8月1日から再開へ

フィリピン政府はこのほど、長期滞在ビザ保有者の入国を8月1日から許可する方針を明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルス感染抑制のため、3月下旬から外交関係者など一部を除き、外国人の入国を拒否していた。 入国が可...[記事全文]

2020.07.16
金融大手UBSの超富裕層顧客、株式から不動産などへの資金シフトを検討

スイスの金融大手UBSグループはこのほど、10億ドル(約1,070億円)以上の資産を持つ超富裕層顧客が、株式市場から他の市場への資金シフトを検討していることを明らかにした。 UBSの超富裕層顧客部門のトップ、ジョセフ・...[記事全文]

2020.07.13
フィリピン不動産開発大手アヤラのREIT上場が承認、国内初

フィリピン証券取引委員会(SEC)は10日、不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)傘下の不動産投資法人「AREIT(Aリート)」が発行体となる、国内初の不動産投資信託(REIT)の上場計画を承認したと発表した。 新型コ...[記事全文]

2020.06.29
20年Q1のフィリピン住宅価格指数は12.4%上昇、首都圏がけん引

フィリピン中央銀行によると、2020年第1四半期(1~3月)の住宅価格指数(RREPI、14年1~3月=100)は、前年同期比12.4%上昇の134.9(全住宅タイプ)となった。地域別の上昇率は、マニラ首都圏が18.3%上昇、マニラ...[記事全文]

2020.06.29
フィリピンが観光客の一部受け入れ再開を検討、低感染リスク国から

フィリピンのベルナデット・ロムロ・プヤット観光相は26日、新型コロナウイルスの感染者がゼロ、もしくは比較的少ない国を対象に、観光客の受け入れ再開を検討していることを明らかにした。 同相によると、入国再開に向けて現在協議...[記事全文]

2020.06.26
フィリピン中銀が4会合連続で利下げ、過去最低の2.25%

フィリピン中央銀行は25日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物借入金利(RRP)を0.5%引き下げ、過去最低の2.25%とすることを決めた。新型コロナウイルスの流行で打撃を受ける国内経済の下支えを狙ったもので、利下げ...[記事全文]

2020.06.24
フィリピン政府が入国規制の緩和を検討、ビジネス目的の往来を念頭に

フィリピンのハリー・ロケ大統領報道官は23日、ビジネス目的を念頭に外国人の入国規制を緩和することを検討する作業部会を立ち上げたことを明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルスの流行を受けて3月下旬から外国人の入国が禁止されてい...[記事全文]

2020.06.18
20年1~5月のフィリピンのオフィス需要は34%増、コロナ禍でも堅調

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツによると、2020年1月~5月におけるフィリピンのオフィス需要は、前年同期比34.0%増の21万1,000㎡となった。 フィリピ...[記事全文]

2020.06.15
日本格付研究所、フィリピンの信用格付けを「A-」に引き上げ

日本格付研究所(JCR)は11日、フィリピンの長期債務の信用格付けを「BBB+」から「A-」に1段階引き上げたことを発表した。一方、格上げを実施したため、格付け見通しについては「ポジティブ」から「安定的」に変更した。 ...[記事全文]

2020.05.29
マニラ首都圏の外出制限を6月1日から大幅緩和、経済活動再開に軸足

フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するために実施していた外出・移動制限措置について、6月1日から大幅に緩和することを発表した。 依然として1日当たりの新規感染者数は200人を超えて...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索