海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.01.04
ASEAN共同体が発足、EU上回る6億人市場が誕生

東南アジア諸国連合(ASEAN)の加盟10ヶ国は12月31日、6億人の単一市場や共生社会を掲げる「ASEAN共同体」を発足。共同体の総人口は欧州連合(EU)を上回り、国家に例えると中国、インドに次ぐ規模となる。

共同体は「経済」「政治・安全保障」「社会・文化」の3本柱で構成。経済統合では、10ヶ国が2018年までに域内の関税を全廃するほか、税関手続きの簡素化、一部労働者の移動の自由化などを進め、生産拠点や消費市場としての魅力を高めていく。一方で、EUとは異なり、域内国境管理は残るため、国をまたぐ移動には旅券が必要であるほか、単一通貨、域外共通関税は予定されていない。

人とモノの動きが活発になるのを見越し、域内ではインフラ網の整備も急ピッチで進行。ベトナム、ラオス、タイ、ミャンマーを結ぶ「東西回廊」や、中国からタイにつながる「南北回廊」といった道路整備が行われているほか、シンガポールとマレーシア・クアラルンプール間では、2022年にも高速鉄道の開通が予定されている。

海外不動産についての最新情報


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.04.30
ベトナムの21年GDP成長率予想を6.7%増に上方修正、アジア開発銀行

アジア開発銀行(ADB)は28日、2021年通年のベトナムのGDP成長率見通しを、6.7%増に上方修正(従来予想は6.3%増)した。公共投資の拡大に加え、海外直接投資(FDI)や輸出の増加が力強い成長に寄与すると見ている。 詳細を見ると、ADBは2021...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年01月04日