海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.11
7~9月のバンコク首都圏コンド価格、低・高価格帯で大きく上昇

タイ政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)は、今年第3四半期(7~9月)におけるバンコク首都圏(バンコク、ノンタブリ、サムットプラカン)のコンドミニアム価格動向を発表。価格帯別で最も値上がりしたのは1m2当たり5万バーツ(約17万円)以下の低価格物件で、上昇率は11.7~13.7%。以下、20万バーツ超の高級物件が9.7~11.7%、12万バーツ超~20万バーツ以下が3.1~5.1%、8万バーツ超~12万バーツ以下が0.1~2.0%だった。一方、5万バーツ超~8万バーツ以下の中価格帯は、0.7~0.9%下落した。

最も値上がりした地域は、フアイクワン~チャトゥチャック~ディンデンの14.4~16.4%。以下、スクンビット通り西部~ワタナーの13.5~15.5%、バンスー~ドゥシットの10.2~12.2%、スクンビット通り中部の9.2~12.2%、サムットプラカンの9.1~11.1%と続いた。


関連記事

2018.09.21 NEW
マニラ首都圏のオフィス契約が早くも前年超え、IT・BPM需要がけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)によると、マニラ首都圏の2018年1~9月のオフィススペース新規契約が79万9,653m2となり、17年通年の77万4,957m2をすでに上回っているという。 IT・ビジネス・プロセス・マ...[記事全文]

2018.09.20
キャピタランドが米国の集合住宅16軒を取得、有望市場と見込む

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは18日、完全子会社のキャピタランド・インターナショナルを通じて、アメリカの集合住宅16軒を、総額8億3,500万ドル(約937億円)で取得したことを発表した。同社がアメリカの集合住宅を取得するのは初めて。 取得したのは、シア...[記事全文]

2018.09.11
星メディア大手SPH、イギリスの学生寮を14棟取得

シンガポールの新聞・出版大手シンガポール・プレス・ホールディングス(SPH)は10日、不動産管理部門の強化のため、英国で14棟の学生寮を取得したと発表した。取得したのは、イギリスの学生寮運営最大手のユナイト・グループが、ロンドン、バーミンガム、ブリストル、ハダースフィールド、プリ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月11日