海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.01.05
フィリピン住宅価格指数、17年7~9月期は1.8%上昇

フィリピン中央銀行(BSP)がまとめた2017年第3四半期(7~9月)の居住用不動産価格指数(RREPI)は、前年同期比1.8%増の111.6となった。RREPIは、ユニバーサルバンク(総合金融機関)、コマーシャルバンク(商業銀行)、スリフトバンク(貯蓄金融機関)の不動産エクスポージャーを基にしたもので、2014年第1四半期を100として算出している。

住宅タイプ別では、コンドミニアムが3.6%増、一戸建て住宅が0.8%増、タウンハウスが(低層の連棟式住宅)が7.3%増、二戸建て住宅が8.6%減となった。また、地域別では、マニラ首都圏が2.2%増、首都圏外が1.8%増となった。

中銀は、サービス業を中心に若者の雇用環境が改善していることが、居住用・商業用を問わず不動産に対する強い需要に繋がっているとしている。


関連記事

2018.07.20 NEW
OFWからの送金を投資に回す世帯が拡大、13年比で3倍に

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション系の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)傘下で、資産運用事業を手掛けるBPIアセット・マネジメント&トラストは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金を投資に回す世帯が増えているとの認識を示した。同社のシェイラ・タン社...[記事全文]

2018.07.19 NEW
米ハンバーガー「シェイクシャック」がフィリピン進出へ、東南アジア初

ニューヨーク発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」は、2019年春にもフィリピン1号店をマニラ首都圏に開業すると発表した。シェイクシャックが東南アジアに進出するのは初となる。 シェイクシャックのマイケル・カーク副社長(国際ライセンス担当)は今後について、フィリピ...[記事全文]

2018.07.18
BPO業界の世界シェア、フィリピンは22年までに14%に拡大

フィリピン情報技術ビジネス・プロセス協会(IBPAP)は、同国のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の世界シェアが、2022年までに14%(16年時点で11%)に上昇するとの見通しを示した。IBPAPのレイ・ウンタル会長は、フィリピン拠点の開設を検討している企業から...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年01月05日