海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.01.12
フィリピンの消費市場、アジア太平洋地域で「最も楽観的」

米クレジットカード大手マスターカードが発表したアジア太平洋地域の消費者景況感調査「Mastercard Index of Consumer Confidence」によると、フィリピンは94.5ポイントで域内最高値だった。以下、中国とカンボジアが92.2ポイント、ミャンマーが91.7ポイントと続き、最低はスリランカの39.5ポイントだった。また、域内全体では68.5ポイントだった。

同調査では、域内の18ヵ国・地域の18~64歳を対象(9141人が回答)に、「景気」「雇用」「定期的な収入」「株式市場」「生活の質」の5項目について、今後半年間の見通しをヒアリング。0から100の範囲で指数化し、0が最も悲観的、100が最も楽観的、40~60が中立としている。フィリピンは全5項目で指数が前回から上昇しており、中でも「株式市場」(+11.3ポイント)、「固定収入」(+5.3ポイント)、「生活の質」(+4.4ポイント)の上げ幅が大きかった。


関連記事

2018.07.20 NEW
OFWからの送金を投資に回す世帯が拡大、13年比で3倍に

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション系の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)傘下で、資産運用事業を手掛けるBPIアセット・マネジメント&トラストは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金を投資に回す世帯が増えているとの認識を示した。同社のシェイラ・タン社...[記事全文]

2018.07.19 NEW
米ハンバーガー「シェイクシャック」がフィリピン進出へ、東南アジア初

ニューヨーク発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」は、2019年春にもフィリピン1号店をマニラ首都圏に開業すると発表した。シェイクシャックが東南アジアに進出するのは初となる。 シェイクシャックのマイケル・カーク副社長(国際ライセンス担当)は今後について、フィリピ...[記事全文]

2018.07.18
BPO業界の世界シェア、フィリピンは22年までに14%に拡大

フィリピン情報技術ビジネス・プロセス協会(IBPAP)は、同国のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の世界シェアが、2022年までに14%(16年時点で11%)に上昇するとの見通しを示した。IBPAPのレイ・ウンタル会長は、フィリピン拠点の開設を検討している企業から...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年01月12日