海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.02.09
フィリピン中銀、27会合連続で政策金利を据え置き

フィリピン中央銀行は8日に開かれた金融政策決定会合で、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置くことを決めた。政策金利の据え置きは2014年9月以来、27会合連続となる。

政府の税制改革や原油価格の上昇を背景に、1月の消費者物価指数(CPI)上昇率が4.0%と3年3ヵ月ぶりの高水準となったことから、市場の一部では今回の会合で利上げに踏み切るとの予想もあったが、中銀のエスペニリヤ総裁は「物価上昇は緩やかで政府目標(2~4%)の範囲内に収まるとみている」と政策維持の理由を語っている。


関連記事

2018.08.17 NEW
フィリピン大手財閥DMCI、18年上半期は2ケタ増収益

フィリピンの大手財閥DMCIホールディングスが発表した2018年上半期(1~6月)の決算は、売上高が前年同期比19%増の442億ペソ、純利益が21%増の92億ペソだった。部門別の利益をみると、不動産部門のDMCIホームズは特別利益を除いた純利益が7%増の17億ペソ、建設部門のDM...[記事全文]

2018.08.16 NEW
米BPO大手コンセントリクス、ケソン市のビジネスセンターに新拠点を開設

米ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)大手のコンセントリクスは、マニラ首都圏ケソン市南端のビジネスパーク「Bridgetowne(ブリッジタウン)」内にあるオフィスビル「Exxa Tower(エグザ・タワー)に新たにコンタクト・センターを開設した。同社は、2016年7月...[記事全文]

2018.08.15 NEW
比不動産大手アヤラ、マニラ首都圏でドミトリー物件を4軒建設へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、マニラ首都圏の4ヵ所に、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業などで働く若者をターゲットにした、相部屋形式のドミトリー物件を建設する。これらはALIグループが運営する「ザ・フラッツ」ブランドで展開され、各ユニットに...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年02月09日