海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.04.11
イノベーション環境が整った国、シンガポールがアジアで唯一の選出

米民生技術協会(CTA)は、世界38ヵ国と欧州連合(EU)を対象に技術革新(イノベーション)を推進する環境を評価し、上位13ヵ国を「イノベーション・チャンピオン」として選出。シンガポールは総合評価は2.921点で6位にランクインし、アジア勢で唯一「イノベーション・チャンピオン」に認定された。その他、「イノベーション・チャンピオン」には、フィンランド、イギリス、オーストラリア、スウェーデン、アメリカ、オランダ、カナダ、ポルトガル、チェコ、オーストリア、デンマーク、ニュージーランドが選出され、シンガポール以外のアジア勢は韓国が20位、日本が25位にとどまった。

同調査では、「シェアリングエコノミーや自動運転車といった革新的なビジネスモデルに対する政府の姿勢」「税制上の配慮の度合い」「環境保護への取り組み」「ブロードバンドの通信速度や費用」「企業の従業員の多様性」「思想や表現の自由」など全12項目を評価。シンガポールは、「人的資本」「税制上の配慮」「自動運転車」「ドローン」などの項目で高評価だった。


関連記事

2018.07.20 NEW
OFWからの送金を投資に回す世帯が拡大、13年比で3倍に

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション系の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)傘下で、資産運用事業を手掛けるBPIアセット・マネジメント&トラストは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金を投資に回す世帯が増えているとの認識を示した。同社のシェイラ・タン社...[記事全文]

2018.07.19 NEW
米ハンバーガー「シェイクシャック」がフィリピン進出へ、東南アジア初

ニューヨーク発の人気ハンバーガーレストラン「シェイクシャック」は、2019年春にもフィリピン1号店をマニラ首都圏に開業すると発表した。シェイクシャックが東南アジアに進出するのは初となる。 シェイクシャックのマイケル・カーク副社長(国際ライセンス担当)は今後について、フィリピ...[記事全文]

2018.07.18
BPO業界の世界シェア、フィリピンは22年までに14%に拡大

フィリピン情報技術ビジネス・プロセス協会(IBPAP)は、同国のビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の世界シェアが、2022年までに14%(16年時点で11%)に上昇するとの見通しを示した。IBPAPのレイ・ウンタル会長は、フィリピン拠点の開設を検討している企業から...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年04月11日