海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.04.16
シンガポールが金融正常化にカジ、6年ぶりの引き締めへ

シンガポール金融通貨庁(MAS)は13日、6年ぶりに金融政策を引き締め方向に変更することを発表した。同日発表された2018年1~3月期の実質GDP成長率が前年同期比4.3%増となるなど、国内経済の堅調な成長が続いていることを政策変更の要因に挙げている。MASは政策金利変更の代わりに、自国通貨の名目実効為替レートの誘導目標を定める金融政策を採用しており、今回は政策バンドの傾きを従来のゼロ%から若干引き上げる。


関連記事

2018.07.20 NEW
OFWからの送金を投資に回す世帯が拡大、13年比で3倍に

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーション系の商業銀行フィリピン・アイランズ銀行(BPI)傘下で、資産運用事業を手掛けるBPIアセット・マネジメント&トラストは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金を投資に回す世帯が増えているとの認識を示した。同社のシェイラ・タン社...[記事全文]

2018.07.17
5月の在外フィリピン人送金額、6.9%増の24.6億ドル

フィリピン中央銀行によると、5月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比6.9%増の24億6,900万ドル(約2,770億円)となり、単月で今年最大額となった。送金元の多くは、米国、英国、シンガポールが占めた。送金の...[記事全文]

2018.07.17
4~6月のシンガポールGDP成長率は3.8%増

シンガポール通産省が発表した2018年4~6月期のGDP成長率(速報値)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3.8%増加した。セクター別にみると、電子製品や製薬の好調を背景に、製造業が前年同期比8.6%増と高水準を維持したほか、金融・保険、卸売り・小売りの伸びが下支えとなり...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年04月16日