海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.06.08
5月のオアフ島住宅販売価格、戸建て・コンド共に5%前後の上昇

ホノルル不動産協会(HBR)の発表によると、オアフ島の一戸建て住宅販売件数は前年同月比8.3%減の332戸だったものの、販売価格(中央値)は同4.4%増の77万8,000ドルとなった。また、コンドミニアムも販売件数は前年同月比8.3%減の495戸だった一方、販売価格(中央値)は同5.8%増の43万ドルと堅調だった。その他、直近の販売実績をもとに算出した物件が市場に出回ってから売買されるまでの日数(中央値)は、一戸建てが14日、コンドミニアムが19日だった。


関連記事

2018.08.17 NEW
フィリピン大手財閥DMCI、18年上半期は2ケタ増収益

フィリピンの大手財閥DMCIホールディングスが発表した2018年上半期(1~6月)の決算は、売上高が前年同期比19%増の442億ペソ、純利益が21%増の92億ペソだった。部門別の利益をみると、不動産部門のDMCIホームズは特別利益を除いた純利益が7%増の17億ペソ、建設部門のDM...[記事全文]

2018.08.15 NEW
比不動産大手アヤラ、マニラ首都圏でドミトリー物件を4軒建設へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、マニラ首都圏の4ヵ所に、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業などで働く若者をターゲットにした、相部屋形式のドミトリー物件を建設する。これらはALIグループが運営する「ザ・フラッツ」ブランドで展開され、各ユニットに...[記事全文]

2018.08.10
比不動産大手アヤラ、上半期は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年上半期(1~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比25%増の804億ペソ、純利益が18%増の135億ペソだった。売上高を部門別にみると、全体の7割を占める不動産開発部門の売上高が27%増の557億ペソと好調で、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年06月08日