海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.06.14
米FRBが利上げを決定、年内の利上げ予測を計4回に上方修正

米連邦準備理事会(FRB)は13日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるフェデラル・ファンド・レート(FFレート)の誘導目標を0.25ポイント引き上げ、1.75~2.00%にすることを決定した。利上げは3ヵ月ぶりで、2018年通年では2回目となる。

FRBは国内経済について、大型減税の効果で家計支出や企業投資が力強く伸びているなど、「着実なペースで拡大している」と指摘。2018年のGDP成長率予測を2.8%とし、前回3月時点の2.7%からやや上方修正した。また、失業率についても5月時点で3.8%と18年ぶりの水準まで低下している中、18年末見通しを3.6%(3月予測は3.8%)へと上方修正した。その他、原油価格の上昇などもあり、インフレ見通しも3月時点の1.9%から2.1%へと引き上げている。

なお、FRBは今回の声明文から、「FFレートは今後しばらく中長期的に有効となる水準を下回る可能性が高いと予想している」との文言を削除。さらに、2018年通年での利上げ回数について、3月時点で予測していた計3回から計4回へと上方修正しており、今後の利上げペースを従来見通しよりも加速させていく姿勢を滲ませた。


関連記事

2018.08.10
フィリピン中銀が0.5%の利上げを決定、3会合連続

フィリピン中央銀行は9日の金融政策決定会合で、政策金利を0.5%引き上げることを決定した。利上げの決定は3会合連続で、0.5%という上げ幅は10年ぶりとなる。この決定により、翌日物借入金利(RRP)は3.50%から4.00%に、翌日物貸出金利(OLF)は4.00%から4.50%に...[記事全文]

2018.08.10
フィリピンGDP成長率、4~6月は6.0%増

フィリピン統計庁(PSA)が9日に発表した2018年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比6.0%となり、前期の6.6%から減速した。民間の設備投資やインフラ投資が大幅に拡大し、個人消費も引き続き堅調だったが、それにより輸入が増加したため、結果的に成長率を...[記事全文]

2018.08.10
イスカンダル・マレーシア、人口増で25年までに住宅70万戸が必要

マレーシア・ジョホール州のイスカンダル地域開発庁(IRDA)は、同州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)で進む大型再開発プロジェクト「イスカンダル計画」の完了を予定している2025年までに、60万~70万戸の住宅が必要との見通しを示した。 計画の進展...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年06月14日