海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.07.09
訪フィリピン外国人旅行者数、1~5月は10.2%増の317万人

フィリピン観光省によると、2018年1~5月に同国を訪れた外国人旅行者は前年同期比10.2%増の317万7,974人だった。国・地域別にみると、中国人客が43.8%増の55万9,289人と急増。その他、旅行者数の上位5ヵ国には、韓国(3.2%増の70万8,548人)、米国(8.1%増の46万3,273人)、日本(8.0%増の27万5,943人)、オーストラリア(6.9%増の12万598人)が入った。


関連記事

2018.07.17 NEW
5月の在外フィリピン人送金額、6.9%増の24.6億ドル

フィリピン中央銀行によると、5月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比6.9%増の24億6,900万ドル(約2,770億円)となり、単月で今年最大額となった。送金元の多くは、米国、英国、シンガポールが占めた。送金の...[記事全文]

2018.07.10
オルティガス財閥、CBD開発に260億ペソを投資へ

フィリピンの大手財閥「オルティガス・グループ」の不動産開発部門である「オルティガス&カンパニー」は、マニラ首都圏パシッグ市のオルティガス中央商業地区(CBD)内の複合地区「キャピトル・コモンズ」の開発に260億ペソ(538億円)を投資すると発表した。 同地区内には、日本から...[記事全文]

2018.07.10
スマートシティランキング、シンガポールが世界2位

シンガポールのコンサルティング会社エデン・ストラテジー・インスティチュートが発表した「世界スマートシティー・ランキング」で、シンガポールは世界2位となった。同調査は世界140都市を対象に、「予算」「財政支援策」「人材」「人間中心の政策」「過去のプロジェクト実績」など10項目を総合...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年07月09日