海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.02
Googleがシンガポールに新データセンターを建設、東南アの成長を見据え

米IT大手Googleは1日、シンガポールに国内3ヵ所目となるデータセンターを建設すると発表した。投資額は約3億5,000万ドルで、2020年の稼働を予定している。同社は現在、西部ジュロン・ウエストの2ヵ所にデータセンターを構えており、新データセンターを合わせた総投資額は8億5,000万ドルに達する見込み。

Googleによると、東南アジアでは過去3年に7,000万人以上が新たにインターネットの利用し始めており、現在、域内のインターネット利用者数は3億3,000万人以上に上るという。域内総人口が約6億5,000万人であることから、引き続き成長の余地は大きいと見ており、将来的なデータ通信需要の高まりを見据えて、新施設の開設を決めたという。


関連記事

2018.10.19 NEW
シンガポール政府、セントーサ島を全島規模で再開発へ

シンガポールのチー・ホンタット上級国務相(通産担当)は17日、政府がセントーサ島とそれに隣接するブラニ島の再開発を計画していることを明らかにした。同再開発は、南部パシル・パンジャンへの移転が決まっている中心部タンジョン・パガーの港湾施設跡地(1000ヘクタール)で計画されている、...[記事全文]

2018.10.18 NEW
国際競争力ランキング、シンガポールが2位に浮上

世界経済フォーラム(WEF)が17日に発表した「国際競争力ランキング」(2018年版)で、シンガポールは総合指数83.5となり、前年からワンランクアップの世界2位となった。首位は10年ぶりに返り咲いたアメリカで、以下、ドイツ、スイス、日本と続いた。 同ランキングは、世界14...[記事全文]

2018.10.16 NEW
高島屋のタイ1号店、バンコクに11月10日オープン

高島屋のタイ1号店「サイアム高島屋」が、バンコクのチャオプラヤ川西岸地区で開発中の大規模複合施設「アイコンサイアム」で11月10日に開業する。施設は地上10階建てで、そのうち7階までが高島屋の百貨店部分となり、上層階はレストランや映画館、イベントホール、フィットネスジムなどとなる...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月02日