海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.02
Googleがシンガポールに新データセンターを建設、東南アの成長を見据え

米IT大手Googleは1日、シンガポールに国内3ヵ所目となるデータセンターを建設すると発表した。投資額は約3億5,000万ドルで、2020年の稼働を予定している。同社は現在、西部ジュロン・ウエストの2ヵ所にデータセンターを構えており、新データセンターを合わせた総投資額は8億5,000万ドルに達する見込み。

Googleによると、東南アジアでは過去3年に7,000万人以上が新たにインターネットの利用し始めており、現在、域内のインターネット利用者数は3億3,000万人以上に上るという。域内総人口が約6億5,000万人であることから、引き続き成長の余地は大きいと見ており、将来的なデータ通信需要の高まりを見据えて、新施設の開設を決めたという。


関連記事

2019.02.18 NEW
比不動産大手アヤラ、18年は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比17%増の1,662億ペソ(約3,490億円)、純利益が16%増の292億ペソだった。 部門別では、住宅やオフィスを販売する不動産開発部門の売上高が、18%増の1,134億ペ...[記事全文]

2019.02.15 NEW
シンガポールCBDの高級オフィス賃料、18年10~12月期は14.9%上昇

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルが13日に発表したシンガポールのオフィス市場のリポートによると、2018年第4四半期(10月~12月)における中央商業地区(CBD)の高級オフィス(グレードA)の平均月間賃料は、前年同期比14.9%増の1平方フィート当たり9....[記事全文]

2019.02.15 NEW
18年のシンガポール世帯月収、3%増の9293Sドル

シンガポール統計局によると、シンガポール人と永住権(PR)保有者1人以上が働いている世帯を対象に調査した2018年の世帯月収(中央値)は、9,293Sドル(約75万5,500円)だった。名目では前年比3.0%増、実質では同2.6%増。過去5年間の世帯月収の伸びは、実質で年平均...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月02日