海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.08
ジョホール~シンガポール間の高速輸送システム、敷設事業継続へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、ナジブ前政権時に計画されたマレーシア南部のジョホールバルとシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の敷設事業について、マハティール新政権下でも事業を継続する方針であることを明らかにした。今年5月に新政権が発足して以来、クアラルンプール~シンガポール間の高速鉄道計画を中止するなど、前政権が推進していた大型事業の見直しが相次いでいた中、政界や産業界からは懸念の声が上がっていた。


関連記事

2018.09.07
JALが羽田~マニラ便を就航、19年2月から

日本航空(JAL)は6日、羽田空港とマニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)を結ぶ直行便を、2019年2月1日から1日1往復運航することを発表した。羽田発着を深夜・早朝に設定し、国内34空港から同日乗り継ぎできるようにする。現在1日2往復している成田便と合わせ、利便性を向...[記事全文]

2018.09.04
マレーシアの医療観光市場、20年までに倍増の見通し

マレーシア保健省傘下のマレーシア医療観光評議会(MHTC)は、同国の医療観光市場が2017年の13億リンギから、2020年には28億リンギへと拡大するとの予測を示した。マレーシアの医療費は米国より平均60~80%抑えられ、タイ(50~75%)やシンガポール(25~40%)などと比...[記事全文]

2018.09.03
KL~シンガポール間の高速鉄道計画、20年5月まで着工延期で合意

マレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)計画について、両国政府は2020年5月末日まで着工を延期することで合意した。その他、開通時期については5年先延ばしし、2031年1月までとしたほか、今回の着工延期に伴う費用1,500万シンガポールドル(約12億...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月08日