海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.09
タイ中央銀行、26会合連続で政策金利の据え置きを決定

タイ中央銀行(BOT)は8日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを決めた。金利の据え置きは26会合連続となる。タイ経済について中銀は、輸出主導で回復を続けているとした一方、個人消費には弱さが残ると指摘。今後のリスク要因としては、アメリカの貿易政策の行方や観光業の減速を挙げた。


関連記事

2018.10.18 NEW
国際競争力ランキング、シンガポールが2位に浮上

世界経済フォーラム(WEF)が17日に発表した「国際競争力ランキング」(2018年版)で、シンガポールは総合指数83.5となり、前年からワンランクアップの世界2位となった。首位は10年ぶりに返り咲いたアメリカで、以下、ドイツ、スイス、日本と続いた。 同ランキングは、世界14...[記事全文]

2018.10.16 NEW
高島屋のタイ1号店、バンコクに11月10日オープン

高島屋のタイ1号店「サイアム高島屋」が、バンコクのチャオプラヤ川西岸地区で開発中の大規模複合施設「アイコンサイアム」で11月10日に開業する。施設は地上10階建てで、そのうち7階までが高島屋の百貨店部分となり、上層階はレストランや映画館、イベントホール、フィットネスジムなどとなる...[記事全文]

2018.10.15
シンガポールが金融引き締めを実施、インフレ圧力の上昇を見越して

シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、半期に一度実施している金融政策の見直しで、シンガポールドルの名目実効為替レート(NEER)における政策バンドの傾きをわずかに上昇方向に引き上げ、シンガポール高への誘導ペースを加速させることを決定した。世界では金融政策の手段として政策金利を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月09日