海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.09
マニラ首都圏のオフィス需要が過去最高に、上期ですでに17年通年超え

世界的な不動産サービス会社であるコリアーズ・インターナショナルは8日、2018年上半期(1~6月)におけるマニラ首都圏の新規オフィス需要が64万1,000m2となり、17年通年の63万8,000m2をすでに超えたと発表した。トランプ米大統領が掲げるアメリカ・ファーストを受けて、拡張計画を延期していたビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業による新規契約が伸びたことなどが背景にあり、今年通年の新規オフィス需要は通年で107万m2と過去最高を更新する見込み。

第2四半期時点でのオフィス空室率は、オルティガス・センターとフォート・ボニファシオがそれぞれ3.9%、3.6%と前期から低下し、マカティCBDが横ばいの1.2%だった。また、1m2当たりの月額賃料は、マカティCBDが最も高く、前年同期比9.7%増の1,200~1,700ペソだった。

その他、上半期におけるマニラ首都圏のコンドミニアム予約販売戸数は、前年同期比30%増の3万戸に拡大。通年では、過去最高だった17年の5万3,000戸を超え、6万戸台に達する可能性もあると見ている。また、中国人の旺盛な需要を背景に、空室率も6地域全てで前期から低下しているという。


関連記事

2018.12.18 NEW
在外フィリピン人送金額、10月は8.7%増の24.7億ドル

フィリピン中央銀行によると、10月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比8.7%増の24億7,400万ドル(約2,788億円)となった。 1~10月の累計では、前年同期比3.1%増の237億6,800万ドルで...[記事全文]

2018.12.17 NEW
西日本鉄道がタイの住宅事業に初進出、コンドミニアム開発へ

西日本鉄道は14日、タイの不動産開発会社SC Asset Corporation(SC アセット)と共同で、バンコクにおけるコンドミニアム(分譲マンション)開発事業を行うことを発表した。2019年7月に着工し、2021年12月の完工を予定している。同社にとって、住宅事業でのタイへ...[記事全文]

2018.12.14
マカティ市の地下鉄計画が始動、2025年までの完工を目指す

フィリピンのマニラ首都圏マカティ市は12日、同市内の地下鉄敷設事業を進めるコンソーシアムを構成する、不動産開発会社フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)、中国の緑地控股集団(グリーンランド・ホールディング)、江蘇省建築工程集団(JPC)、中国港湾工程(CHEC)と...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月09日