海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.09
マニラ首都圏のオフィス需要が過去最高に、上期ですでに17年通年超え

世界的な不動産サービス会社であるコリアーズ・インターナショナルは8日、2018年上半期(1~6月)におけるマニラ首都圏の新規オフィス需要が64万1,000m2となり、17年通年の63万8,000m2をすでに超えたと発表した。トランプ米大統領が掲げるアメリカ・ファーストを受けて、拡張計画を延期していたビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業による新規契約が伸びたことなどが背景にあり、今年通年の新規オフィス需要は通年で107万m2と過去最高を更新する見込み。

第2四半期時点でのオフィス空室率は、オルティガス・センターとフォート・ボニファシオがそれぞれ3.9%、3.6%と前期から低下し、マカティCBDが横ばいの1.2%だった。また、1m2当たりの月額賃料は、マカティCBDが最も高く、前年同期比9.7%増の1,200~1,700ペソだった。

その他、上半期におけるマニラ首都圏のコンドミニアム予約販売戸数は、前年同期比30%増の3万戸に拡大。通年では、過去最高だった17年の5万3,000戸を超え、6万戸台に達する可能性もあると見ている。また、中国人の旺盛な需要を背景に、空室率も6地域全てで前期から低下しているという。


関連記事

2018.10.19 NEW
シンガポール政府、セントーサ島を全島規模で再開発へ

シンガポールのチー・ホンタット上級国務相(通産担当)は17日、政府がセントーサ島とそれに隣接するブラニ島の再開発を計画していることを明らかにした。同再開発は、南部パシル・パンジャンへの移転が決まっている中心部タンジョン・パガーの港湾施設跡地(1000ヘクタール)で計画されている、...[記事全文]

2018.10.12
訪フィリピン外国人旅行者、1~8月は8.5%増の485万人

フィリピン観光省によると、2018年1~8月に同国を訪れた外国人旅行者は、前年同期比8.5%増の485万人だった。国地域別で上位5ヵ国の旅行者数をみると、首位の韓国はほぼ横ばいの106万人だったものの、それ以外の国では中国が35.7%増の87万177人、アメリカが8.2%増の71...[記事全文]

2018.10.11
9月のオアフ島住宅販売価格、一戸建てで過去最高を更新

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、9月にオアフ島内で取引された一戸建て住宅の中間販売価格は、81万2500ドルと過去最高を更新した。また、取引戸数は前年同月比17.4%減の309戸だった。一方、コンドミニアムは取引戸数が同2.9%減の511戸、中間...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月09日