海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.10
フィリピンGDP成長率、4~6月は6.0%増

フィリピン統計庁(PSA)が9日に発表した2018年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比6.0%となり、前期の6.6%から減速した。民間の設備投資やインフラ投資が大幅に拡大し、個人消費も引き続き堅調だったが、それにより輸入が増加したため、結果的に成長率を押し下げる形となった。

支出別にみると、全体の66%を占める個人消費が5.6%増と前期と同等の伸び率となったほか、資本形成が20.7%増、政府支出も11.9%増と大幅に伸びた。産業別では、鉱山の閉鎖や鉱物製品の物品税引き上げによって、鉱業が10.9%減と大きく落ち込んだ。


関連記事

2018.10.18 NEW
国際競争力ランキング、シンガポールが2位に浮上

世界経済フォーラム(WEF)が17日に発表した「国際競争力ランキング」(2018年版)で、シンガポールは総合指数83.5となり、前年からワンランクアップの世界2位となった。首位は10年ぶりに返り咲いたアメリカで、以下、ドイツ、スイス、日本と続いた。 同ランキングは、世界14...[記事全文]

2018.10.15
シンガポールが金融引き締めを実施、インフレ圧力の上昇を見越して

シンガポール金融管理庁(MAS)は12日、半期に一度実施している金融政策の見直しで、シンガポールドルの名目実効為替レート(NEER)における政策バンドの傾きをわずかに上昇方向に引き上げ、シンガポール高への誘導ペースを加速させることを決定した。世界では金融政策の手段として政策金利を...[記事全文]

2018.10.12
訪フィリピン外国人旅行者、1~8月は8.5%増の485万人

フィリピン観光省によると、2018年1~8月に同国を訪れた外国人旅行者は、前年同期比8.5%増の485万人だった。国地域別で上位5ヵ国の旅行者数をみると、首位の韓国はほぼ横ばいの106万人だったものの、それ以外の国では中国が35.7%増の87万177人、アメリカが8.2%増の71...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月10日