海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.08.17
フィリピン大手財閥DMCI、18年上半期は2ケタ増収益

フィリピンの大手財閥DMCIホールディングスが発表した2018年上半期(1~6月)の決算は、売上高が前年同期比19%増の442億ペソ、純利益が21%増の92億ペソだった。部門別の利益をみると、不動産部門のDMCIホームズは特別利益を除いた純利益が7%増の17億ペソ、建設部門のDMコンスンジは36%増の6億7,600万ペソだった。その他、発電・石炭部門のセミララ・マイニング&パワー(SMPC)が3%増の46億ペソ、水道部門のマイニラッド・ウオーター・サービシズ(MWSI)は16%増の10億ペソなどとなった。


関連記事

2019.04.22 NEW
星ホテル大手ファーイーストがベトナム進出、拡大する観光客を受け皿に

シンガポールのホテル大手ファー・イースト・ホスピタリティーは、ベトナムの首都ハノイやホーチミン、ダナンなどの都市部に、今後5年間で計1,000室分のホテルを開業する計画を明らかにした。同社のアーサー・キオング代表は、「ベトナムを訪れる外国人旅行者は、15年以降2ケタのペー...[記事全文]

2019.04.19
マレーシア不動産大手UEM、HSRの代替としてジョホールにBRTを整備へ

マレーシアの不動産開発大手UEMサンライズは、ジョホール州・グルバンヌサジャヤ地区で進めている複合開発プロジェクトエリアに、BRT(バス高速輸送システム)を整備する計画を明らかにした。 同複合開発エリアには当初、クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高...[記事全文]

2019.04.18
ハノイのマンション販売戸数、1~3月は65%増の1.3万戸

米不動産総合サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、ベトナムの首都ハノイにおける2019年第1四半期(1~3月)のマンション販売戸数は、前期比65%増の1万3,600戸だった。 価格帯別では、低価格帯の販売が前期から倍増し、全体の76%を占めた。ま...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年08月17日