海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.10
8月のオアフ島住宅販売価格、一戸建てが過去最高に

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、8月にオアフ島で販売された一戸建て住宅の件数は、前年同月比2.2%減の354件だった一方、中間販売価格は同3%増の81万ドルとなり、2017年6月(79万5,000ドル)に記録した過去最高を更新した。また、変動の大きいコンドミニアムは販売件数が同9.4%減の521件だったものの、中間販売価格は同1.9%増の42万7,000ドルとなった。

その他、直近の販売データをもとに算出した物件が市場に出回ってから売買されるまでの日数(中央値)は、一戸建てが15日、コンドミニアムが18日だった。


関連記事

2018.11.15 NEW
阪急阪神不動産、フィリピンで新たに2つの住宅分譲事業に着手へ

阪急阪神不動産は13日、フィリピンの不動産開発会社PAアルバレス・プロパティーズ&デベロップメント(PA)と共同で、同国内にて新たに2つの住宅分譲事業を進めることを明らかにした。両社は、フィリピンで既に第1号案件を手掛けており、フィリピン国内での分譲戸建事業参画戸数は、今回のプロ...[記事全文]

2018.11.14 NEW
中国の不動産大手カントリーガーデン、フィリピン市場進出へ

フィリピンの貿易産業省は12日、中国の不動産開発大手カントリー・ガーデン・ホールディングス(碧桂園控股)が、フィリピン市場に進出する意向を示していることを明らかにした。フィリピン企業と共同でホテルや中間層向け住宅などを建設する計画で、今月20日~21日に予定されている習近平国家主...[記事全文]

2018.11.12
10月のオアフ島住宅販売価格、一戸建てが6.4%上昇

ホノルル不動産協会(HBR)が発表した最新の市況レポートによると、10月のオアフ島における一戸建て住宅の売買数は、前年同月比13%減の309軒となったものの、売買価格(中央値)は同6.4%増の80万ドルだった。一方、変動の大きいコンドミニアムは、売買数が同9.4%減の443戸、売...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月10日