海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.10
8月の米雇用統計、賃金が9年ぶりの高い伸び

米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万1,000人増となり、前月から伸びが加速した。また、失業率は前月比横ばいの3.9%だった。米労働市場が完全雇用に近い水準にある中、非農業部門雇用者数が好調さの目安となる20万人を上回るなど、米経済の力強さが改めて示された。

その他、時間当たりの平均賃金は前年比2.9%増となり、2009年6月以来の高い伸びを記録。これまで雇用改善が続く一方で、賃金上昇には鈍さが見られていたが、米労働市場の正常化が着実に進んでいることを示す結果となったことで、今月の米連邦市場委員会(FOMC)で追加利上げに踏み切る可能性が高まった。


関連記事

2018.11.16 NEW
フィリピン中銀が5会合連続で利上げ決定、9年ぶり水準

フィリピン中央銀行は15日に開催した金融政策決定会合で、政策金利となる翌日物借入金利(RRP)を0.25ポイント引き上げ、2009年以来の高水準となる4.75%とすることを決めた。利上げは5会合連続。過去の利上げなどを受けてインフレ率の上昇ペースは減速傾向にあるものの、賃金上昇や...[記事全文]

2018.11.09
フィリピンGDP成長率、18年7~9月期は6.1%

フィリピン統計庁(PSA)が8日発表した2018年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.1%だった。インフレの加速に伴う個人消費の伸びの鈍化が重しとなり、成長率は2015年第2四半期(4~6月)以来、3年ぶりの低水準となった。 項目別に見ると、...[記事全文]

2018.11.05
10月の米雇用統計、平均時給3.1%増と09年以来の大きな伸び

米労働省が2日に発表した10月の雇用統計で、平均時給が前年同月比3.1%増となり、2009年4月以来の大きな伸びを記録した。景気動向に敏感な非農業部門雇用者数(季節調整済み)が、前月比25万人増となり前月(11万8000人増)から伸びが加速するなど雇用情勢は引き続き好調で、労働市...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月10日