海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.10
8月の米雇用統計、賃金が9年ぶりの高い伸び

米労働省が発表した8月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が20万1,000人増となり、前月から伸びが加速した。また、失業率は前月比横ばいの3.9%だった。米労働市場が完全雇用に近い水準にある中、非農業部門雇用者数が好調さの目安となる20万人を上回るなど、米経済の力強さが改めて示された。

その他、時間当たりの平均賃金は前年比2.9%増となり、2009年6月以来の高い伸びを記録。これまで雇用改善が続く一方で、賃金上昇には鈍さが見られていたが、米労働市場の正常化が着実に進んでいることを示す結果となったことで、今月の米連邦市場委員会(FOMC)で追加利上げに踏み切る可能性が高まった。


関連記事

2018.09.20
フィリピンの上位中所得国入り、来年にも前倒しで実現へ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、早ければ来年にもフィリピンの1人当たり国民総所得(GNI)が4,000ドル(約45万円)に達するとの見通しを発表した。世界銀行が各国・地域の所得水準に応じて設定している区分において、フィリピン政府は当初、2022年に「上位中所...[記事全文]

2018.09.20
キャピタランドが米国の集合住宅16軒を取得、有望市場と見込む

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは18日、完全子会社のキャピタランド・インターナショナルを通じて、アメリカの集合住宅16軒を、総額8億3,500万ドル(約937億円)で取得したことを発表した。同社がアメリカの集合住宅を取得するのは初めて。 取得したのは、シア...[記事全文]

2018.09.18
7月の在外フィリピン人送金額、5.2%増の24億ドル

フィリピン中央銀行によると、7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(ODW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比5.2%増の24億100万ドル(約2,690億円)だった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が4.5%増の19億ドル、船員など海上就...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月10日