海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.12
フィリピンのFDI純流入、1~6月は42%増の57億ドル

フィリピン中央銀行によると、2018年上半期(1~6月)の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)は、前年同期比42.4%増の57億5,500万ドル(約6,416億円)だったと発表した。収益の再投資を除く株式資本の純流入額が、7.9倍の15億8,500万ドルに拡大したことが貢献した。

株式資本の流入元は、シンガポール、香港、中国、日本、米国が中心で、製造、金融・保険、不動産、芸術・娯楽・レクリエーション、電気・ガス・蒸気・空調供給などの業種への投資が目立った。


関連記事

2019.04.16
比不動産大手メガワールド、18年は各部門好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手メガワールドが発表した2018年連結決算は、売上高が前年比15%増の574億ペソ(約1,239億円)、純利益が17%増の152億ペソだった。部門別の売り上げを見ると、オフィス・商業施設の賃料収入が21%増の143億ペソ、住宅販売が11%増の380億ペ...[記事全文]

2019.04.16
2月の在外フィリピン人送金額、1.5%増の23億ドル

フィリピン中央銀行によると、2月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比1.5%増の23億100万ドル(約2,577円)となった。 1~2月の累計では前年同期比3.0%増の47億8,400万ドルで、このうち...[記事全文]

2019.04.10
比不動産大手ビスタランド、18年決算は2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手ビスタ・ランド&ライフスケープスが発表した2018年決算は、売上高が前年比15%増の415億ペソ(約880億円)、純利益が16%増の105億ペソと、前年に続く2ケタ増収益を達成した。 堅調な予約販売を受けて不動産販売事業が15%増の319億ペソ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月12日