海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.09.12
フィリピンのFDI純流入、1~6月は42%増の57億ドル

フィリピン中央銀行によると、2018年上半期(1~6月)の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)は、前年同期比42.4%増の57億5,500万ドル(約6,416億円)だったと発表した。収益の再投資を除く株式資本の純流入額が、7.9倍の15億8,500万ドルに拡大したことが貢献した。

株式資本の流入元は、シンガポール、香港、中国、日本、米国が中心で、製造、金融・保険、不動産、芸術・娯楽・レクリエーション、電気・ガス・蒸気・空調供給などの業種への投資が目立った。


関連記事

2019.01.17 NEW
米決済大手ペイパル、マニラ首都圏に最大規模の顧客対応拠点を開設へ

米オンライン決済サービス大手ペイパルは、マニラ首都圏モンテンルパ市アラバンに、北米、英国、オーストラリアなど英語圏を含む、あらゆる顧客の対応業務を集約したオペレーション・センターを開設する。ペイパルにとって同拠点は最大規模のものとなり、向こう2年間で約1,000人の従業員を雇い入...[記事全文]

2019.01.17 NEW
イスカンダル開発の投資誘致額、18年は320億リンギで目標達成

マレーシア・イスカンダル地域開発庁(IRDA)のイスマイル・イブラヒム最高経営責任者(CEO)によると、2018年にジョホール州南部イスカンダル・マレーシア(イスカンダル開発地域=IDR)が誘致した新規投資は322億3,000万リンギ(約8,540億円)となり、目標としていた30...[記事全文]

2019.01.16 NEW
在外フィリピン人送金額、18年11月は2.8%増の23.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2018年11月の海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.8%増の23億2,600万ドル(約2,523億円)だった。北米からの送金が堅調だったことが貢献した。 また、1~11月の累計では前年同...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年09月12日