海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.11.07
米BPO大手アロリカ、フィリピンの2ヵ所に拠点を新設

米ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)大手アロリカは、マニラ首都圏パサイ市とパンパンガ州アンヘレス市に新拠点を開設した。これにより、フィリピン国内での拠点数は19ヵ所となった。

パサイ市の新拠点は、複合施設「モール・オブ・アジア・コンプレックス」にあるオフィスビル「スリー・イーコム・センター」内に開設。2019年中に2,800人を雇用し、通信、メディア・娯楽、金融サービス、ヘルスケア、小売り、消費財分野の企業向けにコールセンター・サービスを提供する。また、アンヘレス市ではショッピングモール「SMシティー・クラーク」内に開設した新拠点で約1,000人を雇用する。


関連記事

2019.04.24 NEW
フィリピン財務相「年内の上位中所得国入り可能」、前倒し達成に自信

フィリピンのドミンゲス財務相は、米ワシントンで開かれた世界銀行主催の「フィリピン・デー・フォーラム」で、大規模インフラ開発計画「ビルド・ビルド・ビルド」の後押しもあり、フィリピンが世界有数の高い経済成長を続けていると強調したうえで、2019年中にも上位中所得国の仲間入りが...[記事全文]

2019.04.16
比不動産大手メガワールド、18年は各部門好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手メガワールドが発表した2018年連結決算は、売上高が前年比15%増の574億ペソ(約1,239億円)、純利益が17%増の152億ペソだった。部門別の売り上げを見ると、オフィス・商業施設の賃料収入が21%増の143億ペソ、住宅販売が11%増の380億ペ...[記事全文]

2019.04.16
2月の在外フィリピン人送金額、1.5%増の23億ドル

フィリピン中央銀行によると、2月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比1.5%増の23億100万ドル(約2,577円)となった。 1~2月の累計では前年同期比3.0%増の47億8,400万ドルで、このうち...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年11月07日