海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.11.09
スシロー、今後3年でシンガポールなど3ヵ国以上に進出へ

回転ずしチェーン「スシロー」を展開するスシローグローバルホールディングスは8日、2021年9月期までの中期経営計画において、今後3年間で3ヵ国以上の国に進出し、海外事業を強化していく方針を明らかにした。現在、スシローは韓国と台湾に出店しているが、19年9月期にはシンガポールへの出店を計画。将来的にはマレーシアやタイ、インドネシア、北米などでの出店も目指しているという。

今後3年間で海外店舗比率を全体の1割に引き上げ、海外売上高200億円を目指す方針で、「スシロー」がグローバルブランドに成長するための足掛かりとしたい考え。


関連記事

2019.04.24 NEW
シンガポール中心部の大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要が公表

シンガポールの不動産開発大手グオコランドは、同国中心部のビーチ・ロード地区で進める大型複合施設「グオコ・ミッドタウン」の概要を公表した。 概要によると、30階建ての高級オフィスビルを中核に、32階建ての高層住宅、公共施設、旧ビーチ・ロード警察署を改装した飲食店のアウ...[記事全文]

2019.04.22 NEW
星ホテル大手ファーイーストがベトナム進出、拡大する観光需要を狙う

シンガポールのホテル大手ファー・イースト・ホスピタリティーは、ベトナムの首都ハノイやホーチミン、ダナンなどの都市部に、今後5年間で計1,000室分のホテルを開業する計画を明らかにした。同社のアーサー・キオング代表は、「ベトナムを訪れる外国人旅行者は、15年以降2ケタのペー...[記事全文]

2019.04.19
マレーシア不動産大手UEM、HSRの代替としてジョホールにBRTを整備へ

マレーシアの不動産開発大手UEMサンライズは、ジョホール州・グルバンヌサジャヤ地区で進めている複合開発プロジェクトエリアに、BRT(バス高速輸送システム)を整備する計画を明らかにした。 同複合開発エリアには当初、クアラルンプール(KL)とシンガポールを結ぶ高...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年11月09日