海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.11.16
フィリピン中銀が5会合連続で利上げ決定、9年ぶり水準

フィリピン中央銀行は15日に開催した金融政策決定会合で、政策金利となる翌日物借入金利(RRP)を0.25ポイント引き上げ、2009年以来の高水準となる4.75%とすることを決めた。利上げは5会合連続。過去の利上げなどを受けてインフレ率の上昇ペースは減速傾向にあるものの、賃金上昇や供給不足による高止まりのリスクも残るため、予防的に利上げに踏み切ったとしている。

なお、中銀は今年通年のCPI上昇率について、従来予測の前年比5.2%から5.3%へと上方修正。一方、来年1月の石油物品税の引き上げ延期など、金融政策以外にもインフレ対策が取られる中、2019年は0.8ポイント引き下げ3.5%、20年は0.1ポイント引き上げ3.3%と、政府目標の2.0~4.0%に収まるとの見通しを示した。


関連記事

2019.05.20 NEW
世界の有力企業ランキング、フィリピンからは6社が選出

米経済誌フォーブスが発表した、2019年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」に、フィリピンから6社がランクインした。同ランキングは、売上高、利益、保有資産、時価総額から総合的に割り出したスコアをもとに、世界61ヵ国・地域の企業から選出している。 ...[記事全文]

2019.05.17 NEW
3月の在外フィリピン人送金額、6.6%増の25億ドル

フィリピン中央銀行によると、3月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比6.6%増の25億1,400万ドル(約2,762億円)だったと発表した。 1~3月の累計送金額は、前年同期比4.2%増の7...[記事全文]

2019.05.17 NEW
マレーシアの1Q・GDP成長率は4.5%、農業の回復と民間消費が下支え

マレーシア中央銀行が16日に発表した2019年第1四半期(1~3月期)のGDP成長率は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比4.5%だった。マハティール政権が債務問題を理由に公共投資を抑制していることが重しとなったものの、農業の急回復や堅調な民間消費が下支えとなり、市場...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年11月16日