海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
「ホテル・ニッコー・プノンペン」が2022年開業へ

ホテルオークラ傘下のホテル運営会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントは21日、カンボジアの首都プノンペンで建設中の「ホテル・ニッコー・プノンペン」を、2022年に開業すると発表した。ホテルの運営管理は、千葉県浦安市を拠点とするウラタが出資するUY United Co., Ltd.が行う。

同ホテルは、トゥールトンポン地区でウラタが開発している日系企業初の大規模複合施設「Japan Trade Center(仮称)」の上層階(14~23階)に開業。客室数は201室、客室の標準面積は約36m2を予定している。最上階の23階には、プノンペンの市街地を一望できるスカイデッキバーなどの飲食施設を備え、ビジネス・レジャーの両方のニーズに対応する。


関連記事

2019.06.24 NEW
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的な人気スポーツとなっている議長国のタイが...[記事全文]

2019.06.19
ホノルル市議会、違法バケーションレンタルの規制強化案を承認

ホノルル市議会は17日、違法な短期バケーションレンタル(30日未満)を規制する条例を承認した。今回の規制強化によって、合法的に運営されているバケーションレンタルや、ホテル宿泊へのニーズの高まりが予想されている。 新たに承認された条例により、現在816件あるホ...[記事全文]

2019.06.18
阪急阪神不動産、バンコクのコンド開発は計13件・1万戸超に

阪急阪神不動産はタイのデベロッパーであるセナ・デベロップメントと共同で、バンコクのバンスー区とバンコクヤイ区で新たにコンドミニアムを開発すると発表した。同社がタイのコンドミニアム開発事業に参画するのはこれで13件となり、戸数は1万戸を超えた。 バンコク北部の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日