海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1m2当たり14万600バーツになったと発表した。

同社のナリンラット社長によると、18年にバンコクで新規供給されたコンドミニアムは6万900戸で、累計の供給戸数は61万900戸になった。パヤタイ、ラチャダー、パホンヨーティン地区などでの供給が目立った。一方、18年の販売戸数は約5万2,000戸で、このうち新規供給物件が3万1,800戸、18年以前の供給物件が2万300戸だった。

価格面から見ると、供給戸数の約4割が1戸当たり400万~800万バーツ(約1,360万~約2,720万円)の高級物件で、エリア別ではバンコク中心部が前年比10%増の23万1,000バーツ、中心部周辺が同7%増の11万3,200バーツ、郊外が同1%増の7万3,500バーツだった。


関連記事

2019.08.21 NEW
米ホテル大手ハイアット、ベトナム南部でリゾート開発へ

米ホテル大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは、ベトナムの不動産開発会社BIMグループと同国南部キエンザン省フーコック島で、リゾート開発「パーク・ハイアット・フーコック」を進めることで合意した。 同リゾートは、フーコック国際空港から車で30分ほど行った...[記事全文]

2019.08.20 NEW
越不動産大手FLCグループ、中部コントゥム省で高級都市区の開発に着工

ベトナムの不動産開発大手FLCグループは15日、中部高原コントゥム省で高級都市区「FLCレガシー・コントゥム」の開発に着工した。総投資額は1兆7,000億ドン(約78億2,000万円)となる見通し。 同開発では、コントゥム市チュオンチン通り沿いの約18ヘクタ...[記事全文]

2019.08.20 NEW
ワイキキの超高級ホテル「エスパシオ」が9月7日に開業へ

興和ワイキキは9月7日、ワイキキのメイン通りであるカラカウアアベニュー沿いに、高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」をオープンする。 同ホテルは、元々「アストン・ワイキキ・ビーチサイド・ホテル」として運営されていたものを興和ワイキキが買収し、改装...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日