海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1m2当たり14万600バーツになったと発表した。

同社のナリンラット社長によると、18年にバンコクで新規供給されたコンドミニアムは6万900戸で、累計の供給戸数は61万900戸になった。パヤタイ、ラチャダー、パホンヨーティン地区などでの供給が目立った。一方、18年の販売戸数は約5万2,000戸で、このうち新規供給物件が3万1,800戸、18年以前の供給物件が2万300戸だった。

価格面から見ると、供給戸数の約4割が1戸当たり400万~800万バーツ(約1,360万~約2,720万円)の高級物件で、エリア別ではバンコク中心部が前年比10%増の23万1,000バーツ、中心部周辺が同7%増の11万3,200バーツ、郊外が同1%増の7万3,500バーツだった。


関連記事

2019.01.16 NEW
カンボジアの大手財閥チップモンが複合開発、米マリオット系ホテルも入居

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは14日、政府系機関も多く集まる首都プノンペンのロシア通り沿い7マカラ区で、45階建ての複合ビルの開発に着手した。投資額は1億5,000万ドル(約162億7,500万円)で、2022年の開業を目指す。 同複合ビルには、オフィスフロアや...[記事全文]

2019.01.10
19年のマレーシア高級住宅市場は堅調さが継続、英ナイトフランク予測

英系不動産仲介大手のナイト・フランク・マレーシアは8日、同国不動産市場に関するレポートを発表。国内経済が底堅く推移しているほか、新政権の財政政策が19年度予算案で明確になったことで投資家の信頼感が改善しつつあると指摘したうえで、19年のマレーシアの不動産市場はクアラルンプール(K...[記事全文]

2019.01.10
オアフ島の住宅市場、18年12月は販売減も価格は堅調

ホノルル不動産協会(HBR)によると、2018年12月にオアフ島で売買された一戸建て住宅の件数は前年同月比28.3%減の259件となったものの、販売価格(中央値)は同78万8,000ドルと堅調だった。また、コンドミニアムは販売件数が同4.6%減の440件、販売価格(中央値)が同1...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日