海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1m2当たり14万600バーツになったと発表した。

同社のナリンラット社長によると、18年にバンコクで新規供給されたコンドミニアムは6万900戸で、累計の供給戸数は61万900戸になった。パヤタイ、ラチャダー、パホンヨーティン地区などでの供給が目立った。一方、18年の販売戸数は約5万2,000戸で、このうち新規供給物件が3万1,800戸、18年以前の供給物件が2万300戸だった。

価格面から見ると、供給戸数の約4割が1戸当たり400万~800万バーツ(約1,360万~約2,720万円)の高級物件で、エリア別ではバンコク中心部が前年比10%増の23万1,000バーツ、中心部周辺が同7%増の11万3,200バーツ、郊外が同1%増の7万3,500バーツだった。


関連記事

2019.03.18
ジョホールの新マリーナ開発が着工、会員権の販売も開始

シンガポール証券取引所に上場する総合マリーナ開発大手「SUTL Enterprice」は、マレーシアの大手不動産開発会社「UEM Sunrise」との合弁会社「ONE ° 15 Marina Development」のもと、マレーシア南部ジョホール州のイスカンダル・プテリ地区...[記事全文]

2019.03.15
タイで土地・建物税法が施行、徴税は20年1月から

タイ政府は12日、日本の固定資産税に相当する「2562年土地・建物税法」を官報に告示し、13日付で発効した。徴税の開始は2020年1月1日となる。同法の成立により、毎年1月1日時点で土地や建物を保有している人に、その年の土地・建物税が課税されることとなる。税率は「農業用」「住...[記事全文]

2019.03.15
KLの駐在員向け住宅賃料、18年は7%増の月平均1621ドル

英人材調査会社ECAインターナショナルの調査によると、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の駐在員向け住宅賃料は、前年約7.4%増の月額平均1,621ドル(約18万1,200円)だった。KLの賃料はアジアで10番目に賃料の高い都市だったバンコク(3,880ドル)の半分以下...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日