海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1m2当たり14万600バーツになったと発表した。

同社のナリンラット社長によると、18年にバンコクで新規供給されたコンドミニアムは6万900戸で、累計の供給戸数は61万900戸になった。パヤタイ、ラチャダー、パホンヨーティン地区などでの供給が目立った。一方、18年の販売戸数は約5万2,000戸で、このうち新規供給物件が3万1,800戸、18年以前の供給物件が2万300戸だった。

価格面から見ると、供給戸数の約4割が1戸当たり400万~800万バーツ(約1,360万~約2,720万円)の高級物件で、エリア別ではバンコク中心部が前年比10%増の23万1,000バーツ、中心部周辺が同7%増の11万3,200バーツ、郊外が同1%増の7万3,500バーツだった。


関連記事

2019.06.24 NEW
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的な人気スポーツとなっている議長国のタイが...[記事全文]

2019.06.19
ホノルル市議会、違法バケーションレンタルの規制強化案を承認

ホノルル市議会は17日、違法な短期バケーションレンタル(30日未満)を規制する条例を承認した。今回の規制強化によって、合法的に運営されているバケーションレンタルや、ホテル宿泊へのニーズの高まりが予想されている。 新たに承認された条例により、現在816件あるホ...[記事全文]

2019.06.18
阪急阪神不動産、バンコクのコンド開発は計13件・1万戸超に

阪急阪神不動産はタイのデベロッパーであるセナ・デベロップメントと共同で、バンコクのバンスー区とバンコクヤイ区で新たにコンドミニアムを開発すると発表した。同社がタイのコンドミニアム開発事業に参画するのはこれで13件となり、戸数は1万戸を超えた。 バンコク北部の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日