海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.25
バンコクのコンドミニアム価格、18年は平均7.6%上昇

タイの不動産仲介会社ネクサス・プロパティー・マーケティングは24日、2018年のバンコクにおけるコンドミニアムの平均価格が、前年比7.6%増の1㎡当たり14万600バーツになったと発表した。

同社のナリンラット社長によると、18年にバンコクで新規供給されたコンドミニアムは6万900戸で、累計の供給戸数は61万900戸になった。パヤタイ、ラチャダー、パホンヨーティン地区などでの供給が目立った。一方、18年の販売戸数は約5万2,000戸で、このうち新規供給物件が3万1,800戸、18年以前の供給物件が2万300戸だった。

価格面から見ると、供給戸数の約4割が1戸当たり400万~800万バーツ(約1,360万~約2,720万円)の高級物件で、エリア別ではバンコク中心部が前年比10%増の23万1,000バーツ、中心部周辺が同7%増の11万3,200バーツ、郊外が同1%増の7万3,500バーツだった。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.08 NEW
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

2020.07.07
ホテル・ニッコー・ハイフォンが8月1日に開業へ

ホテルオークラの子会社オークラ・ニッコー・ホテルマネジメントはこのほど、ベトナム北部ハイフォン市で「ホテル・ニッコー・ハイフォン」を8月1日に開業すると発表した。 現在、新型コロナウイルスの影響で国際線の運航が限定的なため、外国人の宿泊需要はしばらく見込めな...[記事全文]

2020.07.06
ベトナムの温泉フジトラベル、北中部ハティン省で高級海洋リゾート開発へ

ベトナムのオンセン・フジ・トラベル(温泉フジトラベル)はこのほど、北中部ハティン省で高級海洋リゾート「ウィンダム・コスタ・ハティン」を開発することを発表した。 同プロジェクトはタハハ地区の海岸沿いに、1兆ドン(約47億円)を投じて開発するもので、ホテル(約1...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月25日