海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.04
マニラ首都圏モノレール「スカイトレイン」、19年10~12月の着工目指す

フィリピンの複合企業アライアンス・グローバル・グループ(AGI)傘下のインフラコープ・デベロップメントは、マニラ首都圏で計画しているモノレール「スカイトレイン」の敷設事業について、2019年第4四半期(10~12月)の着工を目指し、現在、政府と正式認可に向けての最終調整を進めていることを明らかにした。

同路線は、MRT(高架鉄道)3号線マカティ市グアダルーペ駅からタギッグ市フォート・ボニファシオ地区にあるアップタウン・ボニファシオまでの2kmを5分で結ぶもので、事業費は35億ペソを見込んでいる。


関連記事

2019.03.18
1月の在外フィリピン人送金額、4.4%増の24.8億ドル

フィリピン中央銀行によると、2019年1月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比4.4%増の24億8,400万ドル(約2,769億円)だったと発表した。 内訳は、海上就労者からが12.7%増の5億3,00...[記事全文]

2019.03.14
比大手財閥アヤラの18年決算、不動産など主力事業が2ケタ増益

フィリピンの大手財閥アヤラ・コーポレーションが13日発表した2018年連結決算は、売上高が13%増の3,024億9,017万ペソ(約6,382億円)、純利益が前年比5%増の318億1,772万ペソだった。主力事業の不動産、通信、発電などが2ケタ増益と好調だった。 不動産...[記事全文]

2019.03.12
フィリピンの政府インフラ支出、18年実績は41%増の8,036億ペソ

フィリピンの予算管理省によると、2018年の政府インフラ支出は前年比41.3%増の8,036億ペソ(約1兆7,116億円)だったと明らかにした。また、政府系企業や地方自治体を含めたインフラ支出の総額はGDPの5.1%相当の8,862億ペソで、ドゥテルテ政権が掲げる大規模インフ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月04日