海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.08
フィリピンの住宅価格指数、18年7~9月期は4.4%上昇

フィリピン中央銀行によると、2018年第3四半期(7~9月)の住宅価格指数(RREPI、14年第1四半期=100)は、前年同期比4.4%上昇の116.5だった。同指数は、国内のユニバーサルバンク(総合金融機関)、商業銀行、貯蓄銀行など98行が提出した住宅ローン報告書を基に作成している。

地域別では、首都圏が6.8%上昇の126.2、首都圏以外が2.2%上昇の110.5だった。また、住宅タイプ別では二世帯型戸建て住宅が30.7%上昇の115.5で伸び率が最大。その他、タウンハウスが18.3%上昇の127.5、コンドミニアムが5.8%上昇の138.6、一戸建て住宅が0.2%上昇の103.6となった。


関連記事

2019.03.18
ジョホールの新マリーナ開発が着工、会員権の販売も開始

シンガポール証券取引所に上場する総合マリーナ開発大手「SUTL Enterprice」は、マレーシアの大手不動産開発会社「UEM Sunrise」との合弁会社「ONE ° 15 Marina Development」のもと、マレーシア南部ジョホール州のイスカンダル・プテリ地区...[記事全文]

2019.03.18
1月の在外フィリピン人送金額、4.4%増の24.8億ドル

フィリピン中央銀行によると、2019年1月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比4.4%増の24億8,400万ドル(約2,769億円)だったと発表した。 内訳は、海上就労者からが12.7%増の5億3,00...[記事全文]

2019.03.15
タイで土地・建物税法が施行、徴税は20年1月から

タイ政府は12日、日本の固定資産税に相当する「2562年土地・建物税法」を官報に告示し、13日付で発効した。徴税の開始は2020年1月1日となる。同法の成立により、毎年1月1日時点で土地や建物を保有している人に、その年の土地・建物税が課税されることとなる。税率は「農業用」「住...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月08日