海外不動産投資(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ、イギリス)、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.08
フィリピンの住宅価格指数、18年7~9月期は4.4%上昇

フィリピン中央銀行によると、2018年第3四半期(7~9月)の住宅価格指数(RREPI、14年第1四半期=100)は、前年同期比4.4%上昇の116.5だった。同指数は、国内のユニバーサルバンク(総合金融機関)、商業銀行、貯蓄銀行など98行が提出した住宅ローン報告書を基に作成している。

地域別では、首都圏が6.8%上昇の126.2、首都圏以外が2.2%上昇の110.5だった。また、住宅タイプ別では二世帯型戸建て住宅が30.7%上昇の115.5で伸び率が最大。その他、タウンハウスが18.3%上昇の127.5、コンドミニアムが5.8%上昇の138.6、一戸建て住宅が0.2%上昇の103.6となった。


関連記事

2019.01.17 NEW
米決済大手ペイパル、マニラ首都圏に最大規模の顧客対応拠点を開設へ

米オンライン決済サービス大手ペイパルは、マニラ首都圏モンテンルパ市アラバンに、北米、英国、オーストラリアなど英語圏を含む、あらゆる顧客の対応業務を集約したオペレーション・センターを開設する。ペイパルにとって同拠点は最大規模のものとなり、向こう2年間で約1,000人の従業員を雇い入...[記事全文]

2019.01.16 NEW
カンボジアの大手財閥チップモンが複合開発、米マリオット系ホテルも入居

カンボジアの大手財閥チップモン・グループは14日、政府系機関も多く集まる首都プノンペンのロシア通り沿い7マカラ区で、45階建ての複合ビルの開発に着手した。投資額は1億5,000万ドル(約162億7,500万円)で、2022年の開業を目指す。 同複合ビルには、オフィスフロアや...[記事全文]

2019.01.16 NEW
在外フィリピン人送金額、18年11月は2.8%増の23.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2018年11月の海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.8%増の23億2,600万ドル(約2,523億円)だった。北米からの送金が堅調だったことが貢献した。 また、1~11月の累計では前年同...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月08日