海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.10
19年のマレーシア高級住宅市場は堅調さが継続、英ナイトフランク予測

英系不動産仲介大手のナイト・フランク・マレーシアは8日、同国不動産市場に関するレポートを発表。国内経済が底堅く推移しているほか、新政権の財政政策が19年度予算案で明確になったことで投資家の信頼感が改善しつつあると指摘したうえで、19年のマレーシアの不動産市場はクアラルンプール(KL)の高級住宅市場を中心に、堅調に推移するとの見通しを示した。

なお、19年度予算案には不動産譲渡益税や印紙税の引き上げが盛り込まれたものの、高級住宅市場への影響は限定的と予測。また、30万リンギ以下の低価格住宅を初めて購入する際には印紙税が免除されるため、住宅需要の拡大に繋がるとした。


関連記事

2019.03.18
ジョホールの新マリーナ開発が着工、会員権の販売も開始

シンガポール証券取引所に上場する総合マリーナ開発大手「SUTL Enterprice」は、マレーシアの大手不動産開発会社「UEM Sunrise」との合弁会社「ONE ° 15 Marina Development」のもと、マレーシア南部ジョホール州のイスカンダル・プテリ地区...[記事全文]

2019.03.15
タイで土地・建物税法が施行、徴税は20年1月から

タイ政府は12日、日本の固定資産税に相当する「2562年土地・建物税法」を官報に告示し、13日付で発効した。徴税の開始は2020年1月1日となる。同法の成立により、毎年1月1日時点で土地や建物を保有している人に、その年の土地・建物税が課税されることとなる。税率は「農業用」「住...[記事全文]

2019.03.15
KLの駐在員向け住宅賃料、18年は7%増の月平均1621ドル

英人材調査会社ECAインターナショナルの調査によると、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の駐在員向け住宅賃料は、前年約7.4%増の月額平均1,621ドル(約18万1,200円)だった。KLの賃料はアジアで10番目に賃料の高い都市だったバンコク(3,880ドル)の半分以下...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月10日