海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.31
アジア人駐在員が住みやすい都市、シンガポールが14年連続で世界首位

英人材調査会社ECAインターナショナルが29日発表した最新の「アジア人駐在員が最も住みやすい都市ランキング」で、シンガポールが14年連続で世界首位に選出された。2位にはブリスベンとシドニー(共に豪州)が入り、4位にアデレード(豪州)、5位に大阪、名古屋、東京と続いた。

同ランキングは、世界480以上の都市を対象に「気候」「医療サービス」「住宅・公共サービス」「自然災害」「娯楽施設」「インフラ」「安全性」「政情」「大気の質」などを、アジア人駐在員の視点から評価したもので、シンガポールは充実施設が備わっているほか、犯罪率が低く、医療や教育の質も優れていることなどが評価された。


関連記事

2019.10.17 NEW
ベトナム乳業大手THグループが複合医療施設を開発、慶應大とも協力

ベトナムの乳業大手THグループは14日、ハノイ市ドンアイン郡ティエンズオン村で、ハイテク複合医療施設の建設を開始した。事業費は約3兆5,000億ドン(約160億円)を見込んでいる。 同プロジェクトでは、50ヘクタールの敷地に、予防医学と早期診断の「Eプリベン...[記事全文]

2019.10.16 NEW
9月のシンガポール新築民間住宅販売は36%増、新投機抑制策導入後の最多

シンガポールの都市再開発庁(URA)が15日に発表した9月の新築民間住宅販売戸数は、前年同月比36%増の1,270戸とだった。2018年7月に、シンガポール政府が新たな不動産投機抑制策を導入して以降では、最も多い販売戸数となった。 物件別で最多の成約数となっ...[記事全文]

2019.10.15 NEW
シンガポールの高級オフィス賃料、9四半期連続で上昇

米系不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルがこのほど公表したシンガポールのオフィス市場に関する最新レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)のCBD(中央商業地区)における高級オフィス(グレードA)の平均月額賃料は、前期比1.5%増の1平方フィート(約0...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月31日