海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.05.31
越航空会社バンブーエアウェイズ、19年下半期に韓国路線を就航へ

ベトナムの不動産開発大手FLCグループが出資する航空会社バンブー・エアウェイズはこのほど、今年下半期(7~12月)に韓国路線を就航する予定であることを発表した。2017年にベトナムを訪れた韓国人観光客が前年比46.5%増の約316万人となり、韓国を訪問したベトナム人観光客も42.1%増の約45万人と大幅に増加するなど、両国間の航空需要は足元で急拡大している。

当初は7月初めに仁川~ベトナム路線を就航する計画だったものの、韓国国土交通省による承認などが遅れていることで時期が後ずれ。今後、すべての承認が下りれば、仁川とハノイ、ダナン、ホーチミンの各空港をつなぐ路線が、毎日1回運航される見込み。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.06 NEW
ユニクロのベトナム1号店がホーチミン市にオープン

アパレル大手ファーストリテイリングは6日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」のベトナム1号店を南部ホーチミン市の中心部に開業する。ユニクロの出店は東南アジアでは6ヶ国目、全世界では25ヵ国・地域目となる。 ユニクロはこれまで、ベトナムを生産拠点として位置付け...[記事全文]

2019.12.05 NEW
ハノイ市の経済成長率、2019年は7.46%の見込み

ベトナム・ハノイ市人民委員会のグエン・ティ・ハン副委員長は、3日に開幕した第15期人民評議会第11回会議で、2019年におけるハノイ市の域内総生産(GRDP)成長率が7.46%(推定)になったことを明らかにした。前年の7.37%から伸びが加速し、過去4年間で最高の経済...[記事全文]

2019.12.04
マカティ市地下鉄、当初計画から1年前倒しで完成も

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパー「フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)」のアントニオ・ティウ社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、同社を中心とするコンソーシアムが担当予定である、マニラ首都圏マカティ市の地下鉄「Makati Cit...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年05月31日