海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.06
FLCグループがハロン市に大学を設立へ、不足する専門人材を育成

ベトナムの大手不動産会社FLCグループは、クアンニン省ハロン市で建設を計画しているFLC大学の設立について、政府の承認が得られたことを明らかにした。同大学は、敷地面積50ヘクタール、投資総額4兆VND(約188億円)で、ハイテク、観光、航空の3つを主な学部とする。2020年末から学生の募集を開始する予定で、学生数は初年度が600人、2024年に6100人、2035年には1万人に増える見通し。

FLCグループによると、ハイテク、観光、航空業界の人的資源は質・量ともに不足している状況で、例えば観光業界では毎年約4万人の労働者を必要としているものの、観光を専門とする卒業生の数は年間約1万5,000人しかいないという。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.06 NEW
ユニクロのベトナム1号店がホーチミン市にオープン

アパレル大手ファーストリテイリングは6日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」のベトナム1号店を南部ホーチミン市の中心部に開業する。ユニクロの出店は東南アジアでは6ヶ国目、全世界では25ヵ国・地域目となる。 ユニクロはこれまで、ベトナムを生産拠点として位置付け...[記事全文]

2019.12.05 NEW
ハノイ市の経済成長率、2019年は7.46%の見込み

ベトナム・ハノイ市人民委員会のグエン・ティ・ハン副委員長は、3日に開幕した第15期人民評議会第11回会議で、2019年におけるハノイ市の域内総生産(GRDP)成長率が7.46%(推定)になったことを明らかにした。前年の7.37%から伸びが加速し、過去4年間で最高の経済...[記事全文]

2019.12.04
マカティ市地下鉄、当初計画から1年前倒しで完成も

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパー「フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)」のアントニオ・ティウ社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、同社を中心とするコンソーシアムが担当予定である、マニラ首都圏マカティ市の地下鉄「Makati Cit...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月06日