海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.12
5月のシンガポール民間中古住宅価格は0.4%増、4ヵ月連続の上昇

シンガポール・リアルエステート・エクスチェンジ(SRX)によると、5月の民間集合住宅(コンドミニアム、アパート)の中古販売価格指数(速報値、2009年1月=100)は0.4%増の192.6となった。上昇は4ヵ月連続で、前年同月比でも2.3%の上昇となった。

地域別では、繁華街オーチャードをはじめとする中心部(CCR)が前月比0.1%、郊外(OCR)が同0.2%、中心部周辺(RCR=中部ビシャン、トアパヨ、東部ゲイラン、カトンなど)は同0.8%上昇した。

なお、5月の中古住宅取引量(速報値)は前月比3.0%増の835戸となったが、前年同期比では46.1%減少した。


関連記事

2019.06.26 NEW
明治屋がシンガポール2号店を27日開業、新規の海外出店は16年ぶり

食料品の小売・製造などを手掛ける明治屋は27日、シンガポール中心部のリバーバレーにある複合施設「グレート・ワールド・シティ」の地下2階に、同国2号店をオープンする。同社にとって新規の海外出店は16年ぶりで、これを皮切りにベトナムなど近隣アジア諸国への事業展開を進めたい考え...[記事全文]

2019.06.26 NEW
高島屋がハノイ郊外の開発事業に参画、第1弾として教育施設を開発へ

高島屋は25日、子会社で商業施設運営を手掛ける東神開発が、ベトナム・ハノイ市郊外の不動産開発事業「スターレイク・プロジェクト」への参画を決定したと発表した。まず地場企業と共同で教育施設の開発を進める。 スターレイク・プロジェクトは、韓国の大宇建設がマスターデ...[記事全文]

2019.06.25 NEW
ホーチミン市の住宅価格、過去5年は年平均10%上昇

英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナムが発表した最新のレポートによると、2014~18年にかけてホーチミン市の住宅価格は年平均10%の上昇となった。2018年末時点の1m2当たりの平均価格は1,600ドル(約17万1,680円)。クラス別の価格上昇率は、Aクラス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月12日