海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.07.01
4~6月のベトナムGDP成長率は6.71%、世界経済減速の中でも好調を維持

ベトナム統計総局(GSO)によると、第2四半期(4~6月)のGDP成長率は、前年同期比6.71%となった。第1四半期の6.82%からはやや減速したものの、世界経済の減速感が強まる中でも引き続き好調を維持しており、通年目標も従来の6.8%で据え置いた。

部門別にみると、農林水産業が2.19%、工業・建設業が9.14%、サービス業が6.85%。とくに製造業が10.9%と高い伸びを示し、けん引役となった。


関連記事

2019.08.20 NEW
越不動産大手FLCグループ、中部コントゥム省で高級都市区の開発に着工

ベトナムの不動産開発大手FLCグループは15日、中部高原コントゥム省で高級都市区「FLCレガシー・コントゥム」の開発に着工した。総投資額は1兆7,000億ドン(約78億2,000万円)となる見通し。 同開発では、コントゥム市チュオンチン通り沿いの約18ヘクタ...[記事全文]

2019.08.20 NEW
4~6月のタイGDP成長率は2.3%、輸出・内需が減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比2.3%となった。内需や輸出の減速によって、14年第3四半期(1.1%成長)以来の低い伸び率となった。今回の結果を受けてNESDCは、通年の成長率見通しを5月時...[記事全文]

2019.08.19 NEW
4~6月のマレーシアGDP成長率は4.9%、内需堅調で伸び加速

マレーシア中央銀行によると、第2四半期(4~6月)における実質GDP成長率は、前年同期比4.9%となった。堅調な内需がけん引役となり、前期の4.5%から伸びが加速した。 業種別にみると、天然ガスの生産回復を支えに鉱業が前年同期比2.9%増と、7四半期ぶりにプ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月01日