海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.07.11
ダイニングイノベーション、「しゃぶ里&KINTAN」をマカティに開業

日本の飲食チェーン「ダイニングイノベーション」は、しゃぶしゃぶ食べ放題の「しゃぶ里」と焼き肉食べ放題の「KINTAN BUFFET」が一体となった新型店「SHABURI&KINTAN BUFFET」を、マニラ首都圏マカティ市の商業施設「グロリエッタ」に開業した。

メインターゲットは、中間所得層以上のフィリピン人を想定。店舗面積は約300m2で、焼き肉用テーブルを79席、しゃぶしゃぶ用テーブルを50席設置する。同社がフィリピンに複合形態の店舗を出店するのは初めてで、今後5年間で10店まで拡大したい考え。

ダイニングイノベーションは、2013年に焼肉チェーン「牛角」の創業者である西山知義氏が設立。7月現在、グループ全体で国内外に223店舗を展開しており、外海外ではフィリピンのほか、アメリカやイギリス、香港、中国、シンガポール、インドネシアなどで事業を展開。今年9月にはベトナムでの出店も予定している。


関連記事

2019.09.20 NEW
比大手財閥サンミゲル、EDSA通りに高速道路の敷設を計画

フィリピンの大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、マニラ首都圏の幹線道路EDSA通りに高速道路を新たに敷設する計画を明らかにした。今月24日までに運輸省に計画書が提出される見通し。 同社によると、高速道路はEDSA通りに沿う形で建設し、マニ...[記事全文]

2019.09.19
比大手財閥サンミゲル、新マニラ国際空港の建設で正式契約

フィリピンの大手財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)は18日、マニラ首都圏北部ブラカン州での「新マニラ国際空港(NMIA)」の整備計画に関して、運輸省と建設に関する正式契約を締結した。 既存のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の処理能力が限界に近づく中...[記事全文]

2019.09.19
シンガポール版ミシュランガイド、3つ星が初の2店に

フランスのタイヤ大手ミシュランは、格付けガイドブック「ミシュランガイド2019」のシンガポール版を発行し、フランス料理店2店を3つ星に認定した。シンガポールで3つ星に2店選出されるのは初。 星を獲得した飲食店は計44店で、18年の39店から増加。3つ星は繁華...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月11日