海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.07.16
5月の在外フィリピン人送金額、5.7%増の26億ドル

フィリピン中央銀行によると、5月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比5.7%増の26億900万ドル(約2,815億円)となった。

1~5月の累計では、前年同期比4.5%増の123億4,900万ドル。内訳は、陸上就労者からが前年同月比3.2%増の約97億ドル、海上就労者からが9.2%増の約27億ドルだった。

<>p
また、国・地域別ではアメリカからの送金が全体の36%で最多となり、以下、サウジアラビア、シンガポール、アラブ首長国連邦(UAE)、イギリス、日本、カナダ、香港、カタール、クウェートが続いた。


関連記事

2019.08.20 NEW
4~6月のタイGDP成長率は2.3%、輸出・内需が減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比2.3%となった。内需や輸出の減速によって、14年第3四半期(1.1%成長)以来の低い伸び率となった。今回の結果を受けてNESDCは、通年の成長率見通しを5月時...[記事全文]

2019.08.19 NEW
4~6月のマレーシアGDP成長率は4.9%、内需堅調で伸び加速

マレーシア中央銀行によると、第2四半期(4~6月)における実質GDP成長率は、前年同期比4.9%となった。堅調な内需がけん引役となり、前期の4.5%から伸びが加速した。 業種別にみると、天然ガスの生産回復を支えに鉱業が前年同期比2.9%増と、7四半期ぶりにプ...[記事全文]

2019.08.19 NEW
比不動産大手メガワールド、パシッグ市で新たな住宅開発へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、マニラ首都圏パシッグ市で実行中のタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」の一環として、新たな住宅開発プロジェクト「アルコビア・パラッツォ」を進める考えを明らかにした。 同プロジェクトはアルコビア・シティにおける住宅...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年07月16日