海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.08.09
4~6月期のフィリピンGDP成長率、予算成立の遅れ響き5.5%に減速

フィリピン統計庁(PSA)は8日、2019年第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)が、前年同期比5.5%になったと発表した。第1四半期(1~3月)の5.6%からやや減速し、4年3ヵ月ぶりの低水準となった。

19年度政府予算が本来より4ヵ月遅れて4月末にようやく成立となったほか、5月の中間選挙に伴い建設工事が一時的に禁止されるなど、予定していたインフラ関連投資が後ずれしたことが大きく響いた。

詳細をみると、政府支出の伸び率は6.9%にとどまり、前年同期の11.9%から鈍化。建設支出の伸び率は2.6%となり、前年同期の11.9%から大きく減速した。また、エルニーニョ現象によって水不足が発生し、農産物の供給にも影響が出たことなどが消費マインドを冷やし、GDPの約7割を占める個人消費の伸び率も5.6%増と、前年同期の6.0%からやや減速した。

ドミンゲス財務相は声明で、「4~6月期の成長率が減速したことに驚きはない」と指摘。今後はドゥテルテ大統領の号令のもと、大規模インフラ計画「ビルド・ビルド・ビルド」の実行が加速するとの見通しを示した。


関連記事

2019.08.20 NEW
4~6月のタイGDP成長率は2.3%、輸出・内需が減速

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、第2四半期(4~6月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比2.3%となった。内需や輸出の減速によって、14年第3四半期(1.1%成長)以来の低い伸び率となった。今回の結果を受けてNESDCは、通年の成長率見通しを5月時...[記事全文]

2019.08.19 NEW
4~6月のマレーシアGDP成長率は4.9%、内需堅調で伸び加速

マレーシア中央銀行によると、第2四半期(4~6月)における実質GDP成長率は、前年同期比4.9%となった。堅調な内需がけん引役となり、前期の4.5%から伸びが加速した。 業種別にみると、天然ガスの生産回復を支えに鉱業が前年同期比2.9%増と、7四半期ぶりにプ...[記事全文]

2019.08.19 NEW
比不動産大手メガワールド、パシッグ市で新たな住宅開発へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、マニラ首都圏パシッグ市で実行中のタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」の一環として、新たな住宅開発プロジェクト「アルコビア・パラッツォ」を進める考えを明らかにした。 同プロジェクトはアルコビア・シティにおける住宅...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年08月09日