海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

イギリス ドルフィン ブリッジ ハウス( Dolphin Bridge House )

(写真01)
種別 アパート (1976年完成、2019年末改装完了予定)
国/エリア イギリス / ロンドン
開発会社 Titan Property Development
所在地 Rockingham road, Uxbridge, London
基本情報 総戸数41戸 (4階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 1Bed 4,054万円 (289,995GBP) 38㎡ お気に入りに追加
タイプB 2Bed 5,688万円 (406,850GBP) 57㎡ お気に入りに追加
タイプC 3Bed 7,689万円 (550,000GBP) 88㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、ジム、家具付、Wi-Fi、カフェテリア、ゲームルーム、利回り保証、先行販売、ラウンジ、会議室、ランドリールームなど
コメント

「Dolphin Bridge House(ドルフィン・ブリッジ・ハウス)」は、イギリスの首都ロンドンの西端「ヒリンドン・ロンドン自治区」に位置し、ロンドンの最も望ましいベッドタウンのひとつとして注目される「アクスブリッジ」のリバーサイドに誕生する、4階建て、全41戸の高級アパートメントです。


本物件は1976年に建設され、オフィスとして利用されていた建物を住宅に転用するもので、2019年末に改装工事が完了する予定となっています。建物がすでに完成済みであり、竣工リスクが極めて低いことは、投資家にとって安心材料と言えるでしょう。


また、本物件は所有期間中ずっと賃料保証(水準は3年ごとに見直し)が適用されるため、空室リスクを抑えながら長期間・安定的な運用を行うことができます。さらに、現地金融機関に資産価値の70%まで住宅ローンを申請できるほか、築年数の経ったコンクリート造の住宅として12年ほどの期間で減価償却も可能であるなど、様々なメリットを兼ね備えた希少性の高いプロジェクトとなっています。


本物件を手掛けるのは、ロンドンのベッドタウンにおいてモダンで高品質なアパートメントの開発に強みを持つ住宅開発会社「タイタン・プロパティー・デベロップメント」。同社は、優れたデザイン性と機能性を兼ね備えた住宅を、競争力の高い価格で提供することに定評があり、ドルフィン・ブリッジ・ハウスも快適で洗練された住空間が広がる優良物件となることが期待されます。


本物件からは、ロンドン地下鉄「アクスブリッジ・アンダーグラウンド駅」まで徒歩約10分。「メトロポリタン線」「ピカデリー線」の2路線が利用可能で、ロンドン中心部まで約45分でアクセスすることができることから、アクスブリッジにはロンドンで働く現役世帯も生活しています。


また、本物件が位置するヒリンドン・ロンドン自治区には、イギリス最大の空港「ヒースロー空港」(本物件から車で約17分)があることから、ビジネスパークも点在しており、2014年からの約5年間で同自治区内の企業数は29%増加。米食品・飲料大手「モンデリーズ・インターナショナル」の英国本社や、世界有数の製薬会社「グラクソ・スミスクライン」の研究開発拠点、米事務機器大手「ゼロックス」の英国法人、三菱電機子会社の英国拠点など、国内外の大手企業やその子会社等の拠点も多く設置されています。


さらに、アクスブリッジには産業界との強いパイプを持ち、3つの研究機関も抱える国立大学「ブルネル大学」があり、約13,000人の学生と約2,500人のスタッフが在籍。同大学からは、毎年多くの卒業生が近隣企業に就職しており、新たな住宅需要に繋がっています。


ロンドンや近隣の大手企業等で働く人も多いことから、アクスブリッジに住む人の平均世帯所得はイギリス全体の平均より69%高いとされ、不動産価値も過去5年間で61%上昇(デベロッパー提供資料より)しているなど、不動産投資先として高い魅力を備えています。


また、本物件周辺は生活利便性にも恵まれており、大手スーパー「テスコ」「セインズベリーズ」、高級スーパー「マークス&スペンサー」、百貨店「ディベンハム」、ショッピングモール「イントゥ・アクスブリッジ」、英国最大の書店「ウォーターストーンズ」、ファストファッション大手「H&M」、ドラッグストア大手「ブーツ」など、様々な施設が徒歩10分圏内に点在しています。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • 6
  • 7
  • 8
  • (写真06)
  • (写真07)