海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.09.17
ベトナム中銀、経済堅調も約2年ぶりに利下げを決定

ベトナム国家銀行(中央銀行)は13日、主要政策金利であるリファイナンスレートを16日から0.25%引き下げ、6.0%にすると発表した。リファイナンスレートの引き下げは、2017年7月以来となる。そのほか、公定歩合を4.25%から4.0%に、銀行間のオーバーナイト(翌日物)金利を7.25%から7.0%にそれぞれ引き下げた。

ベトナム経済は、今年第1四半期(1~3月)のGDP成長率が前年同期比6.71%、第2四半期が6.82%と好調が続いているほか、1~8月の消費者物価指数(CPI)も2.57%と落ち着いた水準にあることから、今回の利下げは予想外のものとなった。

世界経済が減速傾向にある中、米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)を筆頭に利下げ等の動きが相次いでおり、ベトナムもそうした動きに追随したと見られる。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.16
20年7月の在外フィリピン人送金額は7.8%増、9ヵ月ぶりの高い伸び

フィリピン中央銀行によると、2020年7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比7.8%増の27億8,300万ドル(約2,930億円)となり、9ヵ月ぶりの高い伸びを示した。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年09月17日