海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.09.26
越バンブー航空が20年にIPOで1億ドル調達へ、運航体制を強化

ベトナムの不動産開発大手FLCグループ傘下のバンブー航空は、2020年に新規株式公開(IPO)を実施し、1億ドル(約107億円)を調達する方針を明らかにした。上場する市場については、現在のところ未定。

同社は現在、10機体制のもと国内外25路線を運航しているが、調達資金で23年までに30機体制へと強化し、国内シェア30%を狙う考え。

なお、運輸省民間航空局(CAAV)によると、19年1~8月の国内シェアはベトジェット(42.5%)とベトナム航空(36.9%)で7割超を占めており、2019年1月に運航を開始したバンブー航空は4.7%となっている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.17
ハノイにビンユニ大学が完成、越複合大手ビングループ設立

ベトナムの大手複合企業(コングロマリット)Vingroup(ビングループ)は15日、ハノイ市ザーラム群で開発を進めている新街区「Vinhomes Ocean Park(ビンホームズ・オーシャン・パーク)」の一角に建設した、非営利大学「VinUni(ビンユニ)」の落成式...[記事全文]

2020.01.15
KLに「ハイアットリージェンシー」が24年誕生へ、隈研吾氏が設計

米ホテル運営大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは12日、関連会社ハイアット・アジア・パシフィックが、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の北西部で複合開発「KL Midtown(KLミッドタウン)」を進めているKLミッドタウン社と、高級ホテル「Hyatt ...[記事全文]

2020.01.10
越バンブー航空、事業開始初年度の利益は約14億円

ベトナムの不動産開発大手FLCグループ傘下の航空会社「Bamboo Airways(バンブー・エアウェイズ)」のダン・タット・タン社長はこのほど、2019年の税引き前利益が3,030億ドン(約14億円)となったことを明かした。また、2020年の利益については、1兆ドン...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年09月26日