海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.09.26
越バンブー航空が20年にIPOで1億ドル調達へ、運航体制を強化

ベトナムの不動産開発大手FLCグループ傘下のバンブー航空は、2020年に新規株式公開(IPO)を実施し、1億ドル(約107億円)を調達する方針を明らかにした。上場する市場については、現在のところ未定。

同社は現在、10機体制のもと国内外25路線を運航しているが、調達資金で23年までに30機体制へと強化し、国内シェア30%を狙う考え。

なお、運輸省民間航空局(CAAV)によると、19年1~8月の国内シェアはベトジェット(42.5%)とベトナム航空(36.9%)で7割超を占めており、2019年1月に運航を開始したバンブー航空は4.7%となっている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.16 NEW
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.14
日本~シンガポール間のビジネス往来再開、18日から受付開始

外務省は11日、短期滞在などビジネス目的に限定した形で、日本~シンガポール間の往来を近く再開することを発表した。今回の渡航再開は、陰性証明(出国前72時間以内に取得)や行動計画書を提出することを条件に、短期滞在者が入国後14日間の待機期間中でも、行動範囲を限定してビジネス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年09月26日