海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.07
タイ中銀が利下げを決定、過去最低水準の1.25%に

タイ中央銀行(BOT)は6日に開催した金融政策決定委員会(MPC)で、政策金利となる翌日物レポ金利を0.25%引き下げ、過去最低の1.25%とすることを決めた。BOTによる利下げは、8月に続いて今年2回目。また、政策金利が1.25%まで低下するのは、2010年6月以来、9年5ヶ月ぶりとなる。

BOTは利下げの理由について、米中貿易摩擦に伴う世界経済の減速を受けて輸出が想定以上に減少し、雇用や個人消費にも影響が出ていることを挙げた。また、10月の消費者物価指数(CPI)が、前年同月比0.1%上昇と低水準にとどまったことも利下げを後押しした。

加えて、対米ドルでのバーツ高が続く中、輸出企業への影響が懸念されることから、BOTは資本流出を促すため外為規制を緩和することも表明。BOTのウィラタイ・サンティプラポップ総裁は、個人投資家による年間20万ドルまでの外国証券への直接投資や、外貨での金取引を認めるとしたほか、1船荷証券当たりの収入が20万ドル未満の輸出業者に、無期限で収入を海外に保持することも許可すると説明しています。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.05.20
20年Q1のタイGDP成長率は1.8%減、コロナや干ばつで6年ぶりマイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は、前年同期比1.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつが経済を下押し、反政府デモなどで政情不安となった14年第1四半期以来のマイナス成長を記録した。 ...[記事全文]

2020.05.18
アジア太平洋地域、コロナ終息後もオフィスワークが主流に

米不動産仲介大手ジョンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、新型コロナウイルスの感染終息後も引き続き、アジア太平洋地域ではオフィスワークが主流になるとの見解を示した。 現在、ウイルスの流行を受けて、世界的に在宅で仕事を行う「リモートワーク」の導入が拡大。...[記事全文]

2020.05.14
20年Q1のマレーシアGDP成長率、新型コロナの影響でプラス0.7%に減速

マレーシア中央銀行によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比プラス0.7%となった。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、3月18日から活動制限令を発令した影響もあり、前期のプラス3.6%から減速した。 第1四半期のGDPを詳細...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月07日