海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.08
19年Q3のフィリピンGDP成長率は6.2%に加速、公共支出が貢献

フィリピン統計庁(PSA)が7日に公表した2019年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は前年同期比6.2%となり、前期の5.5%から伸びが加速。また、エコノミストによる市場予測の6.0%も上回った。

今年度の予算成立が4ヵ月遅れた影響で直近2四半期は6%を下回る伸び率にとどまっていたが、予算が成立したことで滞っていたインフラ整備計画が前進し、公共支出が大きく拡大したことがプラスに寄与した。

詳細をみると、公共支出の伸び率は9.6%となり、前期の7.3%から加速。また、フィリピンのGDPの約6割を占める個人消費の伸び率も5.9%となり、前期の5.5%から拡大した。その他、農業生産の伸び率も3.1%と、前期の0.8%から大きく回復した。一方、米中貿易摩擦の影響もあり、輸出の伸びは0.2%(前期は4.8%)にとどまった。

なお、政府は19年通年の成長率目標を6~7%に設定しているが、予算成立が遅れたことで上半期に思うような成長を実現できなかった中、国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は会見で、目標の達成には第4四半期(10~12月)に6.7%の成長が必要になるとの見方を示した。

フィリピンの実質GDP成長率の推移

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.05.29
マニラ首都圏の外出制限を6月1日から大幅緩和、経済活動再開に軸足

フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するために実施していた外出・移動制限措置について、6月1日から大幅に緩和することを発表した。 依然として1日当たりの新規感染者数は200人を超えているものの、一定の抑え込みには成功したと...[記事全文]

2020.05.20
20年Q1のタイGDP成長率は1.8%減、コロナや干ばつで6年ぶりマイナス

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)によると、2020年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は、前年同期比1.8%減となった。新型コロナウイルスの感染拡大や干ばつが経済を下押し、反政府デモなどで政情不安となった14年第1四半期以来のマイナス成長を記録した。 ...[記事全文]

2020.05.18
アジア太平洋地域、コロナ終息後もオフィスワークが主流に

米不動産仲介大手ジョンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、新型コロナウイルスの感染終息後も引き続き、アジア太平洋地域ではオフィスワークが主流になるとの見解を示した。 現在、ウイルスの流行を受けて、世界的に在宅で仕事を行う「リモートワーク」の導入が拡大。...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月08日