海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.29
マレーシア長期滞在ビザ「MM2H」、昨年7月以降で4487件を承認

マレーシアのモハマディン・ケタピ観光芸術文化相によると、2018年7月~2019年11月の間に、外国人向け長期滞在ビザ取得プログラム「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の申請が9,439件なされ、そのうち4,487件を承認したことを明らかにした。

国・地域別の件数は明らかにしなかったものの、逃亡犯条例改正を巡る香港の混乱を受けて、足元で香港人による申請が急増しているという。

なお、MM2Hプログラムがスタートした2002年~2018年11月までの国・地域別の承認件数は、中国が13,892件で最多。以下、日本(4,882件)、バングラデシュ(4,187件)、イギリス(2,729件)、韓国(2,568件)と続いている。

MM2Hプログラムは、一定の経済条件などを満たす外国人を対象に、最長10年間の長期滞在ビザを発行する制度。マレーシアは、財団法人ロングステイ財団が発表している日本人の「海外ロングステイ希望国・地域」のランキングで、オーストラリアやハワイといった人気地域を抑え、13年連続(2006~2018年)で世界No.1に選出されているが、気候や治安、医療水準以外に同制度の存在も人気の一因となっている。

国・地域別のMM2H承認件数(2002年~2018年11月)
順位 国・地域 件数
1 中国 13,892件
2 日本 4,882件
3 バングラデシュ 4,187件
4 イギリス 2,729件
5 韓国 2,568件
6 シンガポール 1,492件
7 台湾 1,428件
8 イラン 1,411件
9 香港 1,087件
10 インド 1,077件

出所:MM2H公式サイト

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.04 NEW
19年Q3のKL高級オフィス賃料、超高層ビルの一部開業で4年ぶり上昇

英不動産サービス大手ナイトフランクはこのほど、アジア太平洋地域・主要20都市の高級オフィス賃貸市場に関する最新レポートを公表。同レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)におけるマレーシア・クアラルンプール(KL)中心部の高級オフィス賃料は、前期比2.1%の上...[記事全文]

2019.12.04 NEW
マカティ市地下鉄、当初計画から1年前倒しで完成も

フィリピンで鉄道・不動産を手掛ける中国系デベロッパー「フィリピン・インフラデブ・ホールディングス(PIHI)」のアントニオ・ティウ社長兼最高経営責任者(CEO)は2日、同社を中心とするコンソーシアムが担当予定である、マニラ首都圏マカティ市の地下鉄「Makati Cit...[記事全文]

2019.12.03 NEW
マレーシアの住宅購入奨励策「HOC」、累計販売は約180億リンギに

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相はこのほど、初めてマイホームを購入する国民を支援するため、マレーシア政府が今年1月から年末まで実施している住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」の累計販売実績を公表した。 同相に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月29日