海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.06
19年通年のベトナムGDP成長率は7.02%、政府目標上回る

ベトナム統計総局(GSO)が2019年12月27日に発表した、2019年通年の国内総生産(GDP)成長率は、前年比7.02%となった。成長率が7%を超えるのは前年(7.08%)に続いて2年連続で、政府目標の6.8%も上回った。金額ベースのGDPは、6,037兆3,000億ドン(約2,590億ドル、約28兆円)となっている。

産業別の成長率を見ると、「加工・製造業」が8.9%、「サービス業」が7.3%、「農林水産業」が2.01%拡大した。また、産業別の割合は、「サービス業」が41.6%、「加工・製造業」が34.5%、「農林水産業」が14.0%となった。その他、最終消費支出は7.23%増加し、労働者1人当たりの生産額も前年比272ドル増の4,791ドルとなった。

なお、ベトナム政府は11月28日に公表した「2020年社会・経済発展計画」の中で、2020年のGDP成長率目標を6.8%に設定している。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.16
20年7月の在外フィリピン人送金額は7.8%増、9ヵ月ぶりの高い伸び

フィリピン中央銀行によると、2020年7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比7.8%増の27億8,300万ドル(約2,930億円)となり、9ヵ月ぶりの高い伸びを示した。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月06日