海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.06
19年通年のベトナムGDP成長率は7.02%、政府目標上回る

ベトナム統計総局(GSO)が2019年12月27日に発表した、2019年通年の国内総生産(GDP)成長率は、前年比7.02%となった。成長率が7%を超えるのは前年(7.08%)に続いて2年連続で、政府目標の6.8%も上回った。金額ベースのGDPは、6,037兆3,000億ドン(約2,590億ドル、約28兆円)となっている。

産業別の成長率を見ると、「加工・製造業」が8.9%、「サービス業」が7.3%、「農林水産業」が2.01%拡大した。また、産業別の割合は、「サービス業」が41.6%、「加工・製造業」が34.5%、「農林水産業」が14.0%となった。その他、最終消費支出は7.23%増加し、労働者1人当たりの生産額も前年比272ドル増の4,791ドルとなった。

なお、ベトナム政府は11月28日に公表した「2020年社会・経済発展計画」の中で、2020年のGDP成長率目標を6.8%に設定している。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
20年Q2のフィリピンGDPは16.5%減、経済活動制限で過去最大の減少

フィリピン統計庁(PSA)は6日、2020年第2四半期(4~6月)のGDP成長率が、前年同期比マイナス16.5%になったと発表した。新型コロナウイルス封じ込めのため、3月中旬から5月末まで厳格な外出・移動制限措置が実施され、経済活動が停滞した影響が色濃く出た形で、現行の方...[記事全文]

2020.08.07 NEW
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月06日