海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.07
訪ベトナム外国人旅行者数、19年は16%増の1800万人で過去最高

ベトナム統計総局(GSO)によると、2019年にベトナムを訪れた外国人旅行者は、前年比16.2%増の1,800万8,600人(推計値)となり、過去最高を記録した。

国・地域別では、中国が16.9%増の580万6,425人で最多。以下、韓国(23.1%増、429万802人)、日本(15.2%増、95万1,962人)、台湾(29.8%増、92万6,744人)、アメリカ(8.6%増、74万6,171人)と続いた。アジア諸国からの旅行者数が19.1%増の1,438万6,300人と、全体の約8割を占める形となった。

その他、移動手段別では空路が15.2%増の1,437万7,500人で最も多く、陸路は20.4%増の336万7,000人、海路は22.7%増の26万4,100人だった。

2019年の訪ベトナム外国人旅行者数(国・地域別トップ10)
順位 旅行者数 前年比
1 中国 5,806,425人 +16.9%
2 韓国 4,290,802人 +23.1%
3 日本 951,962人 +15.2%
4 台湾 926,744人 +29.8%
5 アメリカ 746,171人 +8.6%
6 ロシア 646,524人 +6.6%
7 マレーシア 606,206人 +12.2%
8 タイ 509,802人 +45.9%
9 オーストラリア 383,511人 -0.9%
10 イギリス 315,084人 +5.7%

出所:ベトナム統計総局

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

2020.07.31
ジョホール~シンガポール間の鉄道建設再開で合意、26年開通予定

マレーシアとシンガポールの両政府は30日、マレーシア南部ジョホール州とシンガポール北部ウッドランズを結ぶ高速輸送システム(RTS)の建設プロジェクトを再開させることで合意した。 同プロジェクトは、マレーシア側が政権交代に伴う財政支出の見直しの一環として、コス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月07日