海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.01.10
越バンブー航空、事業開始初年度の利益は約14億円

ベトナムの不動産開発大手FLCグループ傘下の航空会社「Bamboo Airways(バンブー・エアウェイズ)」のダン・タット・タン社長はこのほど、2019年の税引き前利益が3,030億ドン(約14億円)となったことを明かした。また、2020年の利益については、1兆ドン(約47億円)に達すると予想した。

バンブー・エアウェイズは昨年1月のサービス開始以降、約2万便を運航し、約300万人が利用。定時運航率は94%と国内最高水準を記録した。

また、同年12月には米航空機製造大手ボーイングのワイドボディー機「B787-9(ドリームライナー)」を受領し、ベトナムで初めてワイドボディ機を使用する民間航空会社となっている。

なお、バンブー・エアウェイズは今年、国内市場シェアの30%獲得を目標に掲げ、第2四半期(4~6月)にはホーチミン証券取引所(HOSE)への上場を予定しており、10億ドル(約1,095億円)相当の資金調達が行われる見通しとなっている。

バンブー・エアウェイズの機体の写真
バンブー・エアウェイズの機体

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.17
ハノイにビンユニ大学が完成、越複合大手ビングループ設立

ベトナムの大手複合企業(コングロマリット)Vingroup(ビングループ)は15日、ハノイ市ザーラム群で開発を進めている新街区「Vinhomes Ocean Park(ビンホームズ・オーシャン・パーク)」の一角に建設した、非営利大学「VinUni(ビンユニ)」の落成式...[記事全文]

2020.01.15
KLに「ハイアットリージェンシー」が24年誕生へ、隈研吾氏が設計

米ホテル運営大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは12日、関連会社ハイアット・アジア・パシフィックが、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)の北西部で複合開発「KL Midtown(KLミッドタウン)」を進めているKLミッドタウン社と、高級ホテル「Hyatt ...[記事全文]

2020.01.08
リタイア後に住みたい国ランキング、ベトナムが10位にランクイン

アメリカの海外移住専門誌「International Living(インターナショナル・リビング)」は1日、リタイア後の生活拠点として最適な国かどうかを評価した「Global Retirement Index(グローバル・リタイアメント・インデックス)」(2020年版...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年01月10日