海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.07
フィリピン中銀が政策金利を3.75%に引き下げ、新型肺炎で予防的対応

フィリピン中央銀行は6日に開催した金融政策決定会合で、政策金利に当たる翌日物リバースレポ金利(RRP)を0.25%引き下げ、3.75%とすることを決めた。利下げの実施は3会合ぶりとなる。

ジョクノ中銀総裁は会見で、新型コロナウイルスによる肺炎感染が世界的に拡大している中、「経済活動や市場心理が冷え込む可能性がある」と指摘。観光業や海外出稼ぎ労働者からの送金に影響が出て、「2020年の実質GDPが0.3%押し下げられる」との見解を示している。

なお、2018年に計1.75%の利上げを実施しており、利下げ余地が大きいほか、インフレ率も政府目標の2~4%に収まっていることから、中銀は今後の動向次第では追加利下げも辞さない構え。ただ、2020年1月に首都マニラ南方のタール火山が噴火したことで農作物に被害が出ており、今後のインフレ率の上昇も懸念されることから、中銀は物価動向を考慮しながら慎重に政策決定を行うと見られる。

フィリピンの政策金利推移のグラフ

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.18 NEW
19年の訪フィリピン外国人観光客、過去最高の826万人

フィリピン観光省によると、2019年に同国を訪れた外国人観光客数は前年比15.2%増の826万913人となり、過去最高を記録した。また、政府が目標としていた820万人も上回った。 観光省によると、航空路線の拡充によるアクセス性の向上や、民間セクターと一体...[記事全文]

2020.02.18 NEW
在外フィリピン人の本国送金額、19年は301億ドルで過去最高

フィリピン中央銀行によると、2019年通年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの本国送金額(銀行経由のみ)は、前年比4.1%増の301億3,300万ドル(約3兆3,050億円)となり、16年連続で過去最高を更新した。 詳...[記事全文]

2020.02.18 NEW
19年のタイGDP成長率は2.4%、5年ぶり低成長

タイ国家経済社会開発委員会(NESDC)が17日に発表した2019年通年の実質GDP成長率(速報値)は、前年比2.4%と5年ぶりの低水準となった。また、同日発表された19年第4四半期(10~12月)のGDP成長率は、前年同期比1.6%と14年第3四半期(6~9月)以来...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月07日