海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.10
ベトナムのバンブーエアウェイズ、ハノイ~プラハ線を3月29日に就航

ベトナムの不動産開発大手FLCグループが出資するバンブー・エアウェイズはこのほど、民間航空局(CAAV)からハノイ~プラハ(チェコ)間の直行便の運航が認可されたことを発表。これを受けて、同路線を3月29日に就航することを明らかにした。

現在、東南アジア諸国連合(ASEAN)とチェコを結ぶ直行便はなく、今回のバンブー・エアウェイズの路線が初就航となる。また、2019年1月に運航を開始したバンブー・エアウェイズにとって初のヨーロッパ路線で、国外の就航先としては台北、ソウルに続く3都市目。

運航は水曜日と日曜日の週2便を予定しており、使用機材はボーイング787-9型機(ビジネス26席、エコノミー268席)。これまでハノイ~プラハ間は欧州や中東で乗り継ぎの必要があり、移動時間は14~19時間ほどに上っていたが、直行便の就航によってプラハ行きが11時間20分、ハノイ行きが10時間20分と大幅に短縮される見込み。

バンブー・エアウェイズの旅客機の写真

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.16 NEW
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

2020.09.04
ベトナム~日本間の国際線定期便が再開へ、15日から週2往復を計画

交通運輸省傘下のベトナム民間航空局は3日、日本、韓国、中国、台湾、カンボジア、ラオスの計6ヵ国との間を結ぶ国際線の定期便運航を、9月15日から再開するための具体案を同省に提出した。 これに先立ち、先月29日にはグエン・スアン・フック首相が、日本や韓国など新型...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月10日